メモa

  • 虹ヶ滝

島根県出雲市多久谷町

雲陽誌には雄滝・雌滝と記されている。

雄滝と雌滝があるが雌滝は水量が少ない

天気によって虹がかかることから虹ヶ滝と呼ばれる。


(虹ヶ滝)

https://fuushi.k-pj.info/jpgk/shimane/tatenui/takutani/nijigataki-a1.jpg

(虹ヶ滝)
https://fuushi.k-pj.info/jpgk/shimane/tatenui/takutani/nijigataki-a2.jpg
・不動明王像を祀っているようである。


(長滑滝)

https://fuushi.k-pj.info/jpgk/shimane/tatenui/takutani/naganamera-a1.jpg
・虹ヶ滝の少し下流にある。
案内も標識もないので見落としやすい。
水流が岩をえぐって流れている。
「天御梶姫命」が「多伎都比古命」を産んだ時ここの水を産湯に使ったと伝える。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-04 (月) 04:21:18 (89d)