神社a

◎「伊弉諾神宮」

兵庫県淡路市多賀740 地理院地図

主祭神:伊弉諾尊・(伊弉冉尊)


伊弉諾尊の幽宮(カクレミヤ)と伝える。
(幽宮は普通カクレミヤと読むが、何故か「かくりのみや」と読んでいる。)

伊弉諾尊の幽宮と称しながらも、伊弉冉尊を祭るようになったことは奇妙なことである。

境内に何やら石版の地図があるが、怪しい輩の影響を受けたのであろうか。

明治以降なにやら変質してきているようである。

・境内に「左右神社」があり天照皇大神・月読尊を祀っている。
これは「古事記」に黄泉の国から逃れ、左右の目を洗った時に生まれた神として「天照大御神」・「月読命」が生まれたと記されていることによるのであろう。
古事記にはその後鼻を洗った際に生まれた神として「建速須佐之男命」が記されているのだが伊弉諾神宮には建速須佐之男命は見られない。
又、「大国主命」他出雲の神々も見られない。

・境内に「伊勢の皇大神宮遥拝所」というのがある。
御子である天照大神を父親が遥拝するというのも奇妙なことである。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-02-24 (土) 03:30:51 (7d)