『出雲国風土記』
『出雲国風土記』意宇郡

『出雲国風土記』意宇郡2(おうのこおり2)

(白井文庫k09)
http://fuushi.k-pj.info/jpgbIF/IFsirai/IFsirai-09.jpg
──────────
大草郷郡家南西二里一百歩須佐乎命之御子
青播佐久佐日古命坐故云大草
山代郷郡家西北三里一百廾歩所造天下大神
大穴持命御子山代日子命坐故云山代也
即正倉
拜志郷郡家正西廾一里二百一十歩所造天下
大神命將平越八口為而幸時此所樹林茂
盛尒時詔吾御心之波志詔故云林神龜三年
改字拜志

正倉
完道郷郡家正西卅七里所造天下大神命之
-----
追給猪像南山有二一長二丈七尺 高壹丈周
五丈七尺一長 二丈五尺

高八尺周
四丈壹尺
追猪犬像長一丈高四尺
周一丈九尺
其形爲石旡異猪
犬至今猶有故云完道
餘戸里郡家正東六里二百六十歩依神龜三年
編戸大二里

故云餘戸也
郡山如也

野城驛郡家正東廾里八十歩依野城大神坐
故云野城
黒田驛郡家同處郡家西北二里有黒田村
土體色黒故云黒田此處有之驛即號田黒田
驛命東属郡今猶追田黒田号耳
──────────

大草郷郡家南西二里一百廿歩

大草郷、郡家の南西二里一百二十歩

  • 「一百歩」を「一百廿歩」に改める。…校注出雲国風土記・上田秋成書入本・神西氏蔵書写本では「郡家南西二里一百廿歩」
  • 二里一百廿歩…おおよそ1500(m)
  • 「出雲風土記抄」では、p20「鈔曰大草古今同在于意宇郡也二里一百廾歩今十四町方程共應于大草村合於日吉岩坂大庭佐草以為一郷」とあり、大草郷は、大草に日吉・岩坂・大庭・佐草を合わせて一郷にしたという。

須佐乎命之御子青播佐久佐日古命坐故云大草

須佐乎命之御子青播佐久佐日古命坐す。故に大草という

  • 青播…[播](旁は[畨](バン/コメ)で[番]の異体字)
    他では「青幡」(アオハタ)が多く用いられている。「青播」であれば(アオバ)であろうか。
    「出雲国風土記鈔」「神西氏蔵書写」「出雲国風土記考証」「出雲国風土記解」「標注古風土記」「岩波文庫風土記」ではいずれも「青幡佐久佐日古命」としている。
    「上田秋成書入本」(コマ9)では、「幡」とも「播」とも判別しがたい。「青[十畨]佐久佐日古命」
    「校注出雲国風土記」では「青幡佐久佐丁壮命」
    • 丁壮を(ヒコ)と読むのはいかにも無理がある。丁は干支の(ヒノト)であろうが、壮を(コ)と読むのは全く不明。誤字か読み違い或いは別神格としか云いようがない。「丁壮」は(働き盛りの男子)の意味であるが、労働力として見下した含意がある。特別な理由が無い限り、むやみに使うべきではない。(神位授与記録からの転用と思われる)
  • 青播佐久佐日古命坐故云大草…「佐久佐比古」は(サクサヒコ)と読み、「大草」は現在(オオクサ)と読む。神名と地名が直接には結びつかない。
    八重垣神社のある辺りから南方が佐草という地名。六所神社地理院地図のある辺りが大草。
    • 「大草」をかつては(サクサ)と読んでいたという説。又元は佐草郷で後に大草郷に変えたとか、幸草が転じたとか、
      久佐郷に大の字を加えたとか、色々議論がある。(いずれも根拠の薄い憶測)
    • 『出雲国風土記』大原郡の高麻山の記述によれば、青播佐久佐日古命は麻を育てた神のようである。
      麻は丈2(m) を越す一年生草本であり、古代から衣服などに用いる重要な植物であった。これからすると大草とは麻のことであり、それに因る郷名が大草郷と考えられる。
      即ち、「大草(麻)を育てた青播佐久佐日古命が坐す所だったので大草郷と呼んだ」ということである。
      神名は「幡」=(旗)より「播」=(種を播く)の方が妥当であろう。
    • 地名由来とも絡み、延喜式の佐久佐神社が何処かと云うことが問題となってきた。
      六所神社は出雲国総社として、六ヶ所に別れていた神社をまとめたものとも、六神を奉ったともいうが、青播佐久佐日古命は六神に含まず境内社で奉ってきた。
      八重垣神社では明治以前、青播佐久佐日古命を脇社で奉ってきた。
      いずれ六所神社も八重垣神社も明治期まで青播佐久佐日古命を大事にしてはこなかったようである。
      佐久佐社

山代郷郡家西北三里一百廾歩

山代郷。郡家西北三里一百二十歩

所造天下大神大穴持命御子山代日子命坐故云山代也即有正倉

所造天下大神大穴持命の御子、山代日子命坐す。故に山代と云う也。 即ち正倉あり

  • 「即正倉」は「即有正倉」に改める…校注出雲国風土記・上田秋成書入本・神西氏蔵書写本ではいずれも「即有正倉」
  • 山代日子命…松江市古志原町73「山代神社」地理院地図に祀られている。元社地は東南の茶臼山で「高森明神」と呼ばれていた。『雲陽誌』意宇郷参考

拜志郷 郡家正西廾一里二百一十歩

拜志郷(ハヤシノゴウ)。郡家の正に西二十一里二百一十歩

所造天下大神命將平越八口為而幸時此所樹林茂盛尒時詔吾御心之波志詔故云林

所造天下大神命、將に越の八口を平げむと(イデマシ)し時に、此所(ココ)樹林(ハヤシ)茂盛(シゲ)れり。時に吾が御心の波志(ハヤシ)と詔う。故に林と云う

神龜三年改字拜志正倉

神龜三年字を拜志に改める。正倉有り

完道郷郡家正西卅七里

完道郷、郡家の正に西、三十七里

所造天下大神命之追給猪像南山有二一長二丈七尺 高壹丈周 五丈七尺一長 二丈五尺 高八尺周四丈壹尺

所造天下大神命の追い給いし(シシ)の像、南山に二つ有。一つは長さ二丈七尺、高さ壹丈、周り五丈七尺。一つは長さ二丈五尺、高さ八尺、周り四丈壹尺

追猪犬像長一丈高四尺周一丈九尺其形爲石旡異猪犬至今猶有故云完道

猪を追いし犬の像、長さ一丈、高さ四尺、周り一丈九尺その形石となりて猪と犬とに異なることなし。今に至りても猶有り、故に完道と云う

  • 松江市宍道町白石(ハクイシ)の「石宮神社」地理院地図
    大己貴命が猪狩りをした時、猪を追った犬が石となり、それを御神体としたという。鳥居両側にも巨石があり、猪が石になったという。「宍道社」とも記される。
    延喜式神名帳に「完道(シシミチ)神社」。
    • 校注出雲国風土記では「宍道」としているが、延喜式に「完道神社」とあるので、「完道」のままにしておく。
      出雲風土記抄は「完道」と記し(シンヂ)とルビをふっている。
      上田秋成書入本でも「完道」とあり、赤字で「宍」と注記している。
      「完道」のシシミチは「猪道」。
      「完」には、垣で囲むの意味がある。石宮神社に本殿はなく御神体の石を垣で囲んでいるだけである。
    • 無論犬や猪が石に変わる事はあり得ない。何らかの伝承を説話にしたのであろう。

餘戸里郡家正東六里二百六十歩依神龜三年編戸大二里故云餘戸也郡山如也

餘戸里(アマルベノサト)、郡家の正に東六里二百六十歩

神龜三年編戸に依り大二里とす、故に餘戸と云う也。郡山の如き也

  • 神亀三年…726年
    • ここの付記部分は、色々改変されている例がある。
      (上田秋成書入本は本書と同じ。但し「餘」を「飯」と誤記し赤字で「餘」と書入)
      千家俊信は「訂正出雲国風土記」で「大二里」を「天平里」と解釈し改変(根拠不明。天平は神亀の後でありえない)。
      校注出雲国風土記では「依神龜四年編戸立一里故云餘戸他郡且如之」

野城驛郡家正東廾里八十歩

野城駅、郡家の正に東二十里八十歩

  • 野城は現在の能義とされる。「野城」は(ノギ)或いは(ヌキ)と読まれる。
  • 「驛」…駅家(えきか・うまや)。街道の30里(大宝律令の古代里で約16km)ごとに置かれた交通の拠点。馬の餌や水なども整備されていたので(うまや)とも読む。兵部省の管轄であったことから軍事的施設・兵站の性格を持っていた事が窺える。

依野城大神坐故云野城

野城大神坐すに依り、野城と云う。

  • 野城大神というのは現在「天穂日命」とされるが、異説もあり、事跡が何も残っていない為、実は良く解っていない。
    (出雲では、解らなくなると国造系に取り込まれる傾向がある)

黒田驛郡家同處郡家西北二里有黒田村

黒田驛、郡家と同處。郡家の西北二里に黒田村有り。

土體色黒故云黒田此處有之驛即號田黒田驛命東属郡今猶追田黒田号耳

土體(ツチ)色黒し。故に黒田と云う。此處に有りし驛は即ち号して田黒田の驛と(ナヅ)く。東は郡に属し、今なお田黒田と号するを追うのみ

  • 黒田の駅は諸本で異同がある。おそらく風土記抄が最も正しいと考えられるので以下に掲載しておく。
    『出雲風土記抄』第一帖のp28
    「黒田驛郡家同處郡家西北二里有黒田村土體色黒云黒田(モト)驛即號曰黒田郡家今猶黒田ツル(ノミ)
    (黒田驛、郡家と同處。郡家の西北二里黒田村有り。土體(ツチ)色黒し。故に黒田と云う。(モト)此の處に是の駅有り。即ち號して黒田の駅と曰う。今は郡家の東に属す。今なお舊を追いて黒田と號つるのみ。)
  • 黒田村…松江市大庭町に黒田(ウネ)という地区(神魂神社北方)があるので元地はこの辺りであろう。地理院地図
    • 1995年3月刊の「黒田畦遺跡発掘調査報告書(松江市教育委員会)」によれば、下層に黒褐色土層が見られる。
    • 「今郡家」というのは、驛家が郡家の東に移転した事を指しているのだと思われる。移転後も元地の黒田驛家という名を引き継いだのであろう。
  • 『校注出雲国風土記』p108
    「黒田驛、郡家同處。郡家西北二里有黒田村。土體色黒。故云黒田。舊此處有是驛。即號曰黒田驛。今東屬郡。今猶追舊黒田號耳。」
  • 『上田秋成書入本』10コマ
    「里田驛郡家同處郡家西北二里有黒田村上體色黒故云黒田旧此處有是驛即号曰黒田驛今東属郡今猶追旧黒田号耳」
    (最初の「里」には「黒」と赤字で書入れあり。「上體」には書入れ無し。)
  • 僅かな文字の違いでも、読み方や解釈が違ってくる例として載せてみた。(息抜きの遊び)
  • 神魂神社神主秋上得国が、天明6年(1786)2月15日、出雲を訪れた内山眞龍に『さらば先、八雲立と詔ませし八重垣、意宇、熊野、伊邪那枝、揖屋、神魂の社を拝ませ。其道のゆきてに有りし黒田の駅は、三百年計の昔、笠の長者某と云人の往ける時、火つきて焼たり。其後意宇町と云ちひさきまち有しも、寛永十三年松江の城を築てより、移りなどして絶たり。今は黒き土のみ残れるをしるべとして、そこより四方を見はるかし、~』と語ったことが眞龍の「出雲日記」にある。

(白井文庫k10)
http://fuushi.k-pj.info/jpgbIF/IFsirai/IFsirai-10.jpg
──────────
完道驛郡家正西卅里説名如郷
出雲神戸郡家南西二里廾歩伊弉奈枳乃麻
奈子坐熊野加武呂乃命與玉百津鉏〃猶所取
〃而所造天下大穴持二所大神等依奉故云
神戸他郡等神
戸且如之

賀茂神戸郡家東南卅四里所造天下大神命
之御子阿遅須枳高日子命坐葛城賀茂社此神
之御子戸故云鴨神亀三年
改字賀茂
即有正倉
忌部神戸郡家正西廾一里五百六十歩国造神
吉調望参向朝廷時御沐之忌玉故云忌部
-----
即川邉出湯出湯在所兼海陸仍男女老少或道路駱々
驛或海中沼洲曰集成予續紛燕樂一濯則形容端正耳
詠則万病悉除自古至今無不得驗故俗人曰神湯也
[寺]
教昊寺在山城郷中郡家正東廾五里一百廾歩建立
五層之塔
教昊僧支所造也散位大初位下上腹首
押猪之祖父也

新造院一所山代郷中郡家西北四里二百歩建立
巌堂也
置君烈之所造山雲神戸置君
麻麿之祖也
造院一所有
山代郷中郡家西北二里建立教堂住僧
一軀
飯石郡
少領出雲臣弟山之所造也院一所有山国郷
中郡家東南一里百廾歩建立三層之塔也山国

──────────

完道驛郡家正西卅里説名如郷

完道驛、郡家の正に西三十里。(名を説くこと郷の如し)

  • 説名如郷…完道という地名の説明は完道郷と同じ

出雲神戸郡家南西二里廾歩

出雲神戸。郡家の南西二里二十歩

伊弉奈枳乃麻奈子坐熊野加武呂乃命與玉百津鉏〃猶所取〃而所造天下大穴持二所大神等依奉

伊弉奈枳乃麻奈子(イザナギノマナゴ)()熊野加武呂乃命(クマノカムロノミコト)と、玉百津鉏(タマモモツスキ)鉏なお所取(トリ)しに取らす所造天下大穴持(アメノシタツクラシシオオアナモチ)二所(フタトコロ)の大神等に()さし奉る。

  • 「玉百津鉏」…校注出雲国風土記では「五百津鉏」

故云神戸他郡等神
戸且加之

故、神戸と云う。他の郡等の神戸もまた之の如し

賀茂神戸郡家東南卅四里

賀茂の神戸。郡家の東南三十四里

  • 安来市の「賀茂神社」(安来市利弘町521)地理院地図で阿遅須枳高日子命を祀っているからこの辺りであろう。
    ちなみに安来市加茂に加茂神社(安来市安来町541)地理院地図というのがあるが、778年勧請とのことで出雲国風土記奏上(733年)以後の創建のようである。(「賀茂神社」と記していることもある。)

所造天下大神命之御子阿遅須枳高日子命坐葛城賀茂社

所造天下大神命の御子、阿遅須枳高日子命、葛城の賀茂の社に坐す。

此神之御子戸故云鴨神亀三年改字賀茂即有正倉

此の神の御子戸故に鴨と云う。(神亀三年、字を賀茂と改む) 即ち正倉あり。

  • 「此神之御子戸故云鴨」…校注出雲国風土記では「此神之神戸。故云鴨」
    上田秋成書入本では「此神之神子戸故云鴨」
    • 「御子戸」も「神子戸」も共に(ミコト)即ち「命」と読むべきもので、「神戸」に変えるのは疑問。

忌部神戸郡家正西廾一里五百六十歩

忌部神戸、郡家の正に西二十一里五百六十歩

国造神吉調望参向朝廷時御沐之忌玉故云忌部

国造(クニノミヤッコ)神吉(カムヨゴト)朝廷(ミカド)参向(マムカ)う時、御沐(ミソギ)忌玉(イミタマ)調(トトノ)えんと望む。故に忌部と云う。

  • 調望…標注古風土記によれば、多くの古写本は「調望」のまま。国造家本では「詞望」。「詞奏」は内山眞龍による改変。
    校注出雲国風土記では「詞奏」

・細川家本では
「忌部神戸郡家正西廾一里二百六十歩 国造神吉調望参向朝廷時御沐之忌玉作故云忌部」

即川邉出湯出湯在所兼海陸

即ち川辺に湯(イズ)る。湯出るところは海陸を兼ねたり。

  • 川辺出湯…玉造温泉のこと。
  • 兼海陸…海路からも陸路からも行くことが出来る。

仍男女老少或道路駱々驛或海中沼洲曰集成予續紛燕樂

()りて男女老少、或いは道路駱に駱驛し、或いは海の中、沼の洲に、曰に(ツド)(タノシミ)と成り、續紛燕樂す。

  • 道路駱々驛…「駱」は黒いたてがみのある白馬。「駱驛」は人馬の往来が盛んな様子。即ち(道路に人馬盛んに行き交い)の意。
  • 海中沼州…海中で、本流から離れて水を招き入れたような場所。船寄せ場。ここに云う海は宍道湖。即ち(宍道湖で船の集まる場所)の意
  • 成予…「予」は楽しみ。即ち(楽しみと成る)
  • 續紛燕樂…「續」は連なる。「紛」は混雑する。「燕樂」は宴会の音楽。即ち(多くの人が宴を楽しむ)の意。
    • 意訳すると(そうして、老若男女、陸路で集い、海路で集い、日々集まる楽しみとなり、宴の場所となっている)
  • 校注出雲国風土記では「仍男女老少或道路駱驛或海中沿洲曰集成市續紛燕樂」としており、3ヶ所異なる。
    「駱」を一文字抜き、「沼」→「沿」、「予」→「市」。

一濯則形容端正耳詠則万病悉除

一濯(ヒトススギ)で則ち形容(スガタ)端正となり、()()くに則ち万病悉く除く。

自古至今無不得驗故俗人曰神湯也

(イニシエ)より今に至るに、(シルシ)を得ぬこと無し。故に俗人(ヒトビト)神湯(カミノユ)()う也

  • 俗人…一般の人々。出家僧に対する語。

[寺]

教昊寺在山城郷中郡家正東廾五里一百廾歩

教昊寺(キョウコウジ)在り。山城郷の中。郡家の正に東二十五里一百二十歩

  • 山城郷…上田秋成書入本でも「山城郷」。山城郷は位置不明。山国郷か山代郷か。
    校注出雲風土記では「舎人郷」

建立五層之塔在僧

五層の塔を建立す。(僧在り)

教昊僧支所造也散位大初位下上腹首押猪之祖父也

教昊僧の造りし所なり。(散位大初位下、上腹首押猪の祖父也)

  • 教昊僧…教昊という名の僧。新羅からの帰化僧であろうと考えられている。
  • 教昊寺…長く所在が議論されているが、2005年に安来市野方町真崎の野方廃寺が発掘調査され教昊寺跡として遺跡指定された。新羅系瓦が出土した。(但しあくまで推定)地理院地図
    「教昊寺」第1次発掘調査概報1985年安来市教区委員会
    「教昊寺」第2次発掘調査概報1986年安来市教区委員会
     
  • 散位…官を辞して位階だけあるもの。
  • 上腹首押猪(カミノタジヒノオビトオシイ)…「腹」としているのは、書影では[月夏]。蝮の異体字であろう。
    タジヒは蛇の「蝮」(マムシ)の事であり、好字として[月夏]に変えたと思われる。

新造院一所山代郷中郡家西北四里二百歩

新造院一所(ヒトトコロ)。山代郷中、郡家の西北四里二百歩

建立巌堂也旡僧置君烈之所造山雲神戸置君麻麿之祖也

巌堂を建立する也(僧無し)。置君烈の造るところ(山雲神戸の置君麻麿の祖也)

  • 「置君烈」…上田秋成書入本では「置君自烈」、校注出雲国風土記では「日置君目烈(メヅラ)
  • 「山雲神戸置君麻呂」…上田秋成書入本では「山雲神戸置君鹿麻呂」、校注出雲国風土記では「出雲神戸日置君鹿麻呂」

造院一所有山代郷中郡家西北二里

造院一所有り。山代郷中、郡家の西北二里

  • 造院…校注出雲国風土記では「新造院」

建立教堂住僧一軀飯石郡少領出雲臣弟山之所造也

教堂建立す。(住める僧一躯)飯石郡の少領、出雲臣弟山の造りし所也

  • 教堂…校注出雲国風土記では「巌堂」

院一所有山国郷中郡家東南一里百廾歩

院一所有り。山国郷中、郡家の東南一里百二十歩

建立三層之塔也山国郷人置郡根緒之所造也

三層の塔を建立する也。山国郷の人、郡を置く。根緒(ネオ)の造りし所也。

  • 根緒…校注出雲国風土記には、「日置部根緒」とある

(白井文庫k11)
http://fuushi.k-pj.info/jpgbIF/IFsirai/IFsirai-11.jpg
──────────
郷人置郡根緒之所造也
[社]
熊野大社  夜麻佐社   賣豆貴社   加豆比乃社
由貴社   加豆比乃高社 都俾忠呂社  玉造湯社
野城社   伊布夜社   支麻知社   夜麻佐社
 城社   久多美社   佐久多社   多乃毛社
須多社   眞名井社   布辨社    斯保祢社
意院之社  即原社    久來社    布吾祢社
寄道社   野代社    賣布社    狭井社
同狭井高社 牢流布社   伊布夜社   由宇社
布自奈社  同布自奈社  野代社    佐久多社
-----
意院支社前社 田中社   詔門社
楯井社    遠玉社   石塚社    佐久佐社
多加比社   山代社   詞屋社    同社 以上廾八
所置
 但シ四十七社
見ユル廾八トハ
不審ナリ

在社祇宮   宇田比社  支布佐社   毛社乃社
郡當乃夜社  支布佐社  国原社    田村社
予穂社    同予穂社  伊布夜社   阿太加夜社
須多下社   河原社   布字社    米郡為社
加和罗社   笠柄社   志多備社   食師 以上十九所
置在神祇官
但シ支布佐社
ニ所見ル是ヲ
合テ二十所
アリ

[山]
長江山 郡家東南五十里有水精
暑垣山 郡家正東八十歩有蜂 蜂欤トアリ
──────────

熊野大社  夜麻佐社   賣豆貴社   加豆比乃社

由貴社   加豆比乃高社 都俾忠呂社  玉造湯社

野城社   伊布夜社   支麻知社   夜麻佐社

 城社   久多美社   佐久多社   多乃毛社

  • 城社…校注出雲国風土記では「野城社」と記し、上の野城社(能義神社)と同じとしているが、同じであれば別記するはずはない。
    出雲国風土記考証46頁に次のような記述がある。
    『紅葉山文庫本、日御碕本、藤波本、植松本等には、城社とあって、野の字がない。国造本、風土記抄には野白社とある。これは今日ではもと何処にあった社をいったものかわからぬ。
    明治四十一年五月、今の八束郡乃木村の妙見社の位置に、諸社を合併して、野代神社と名づけたが、その合併せられた中の一つに宇賀神社といふのがあった。その社は今の野代神社より東北十町ばかりの宇賀山にあって、元禄四年の棟札には「野城神社」とある。これを明治二年に宇賀神社と改称したものである。その祭神は天照大神、大穴持命、事代主命である。~』
    これは、松江市浜乃木町2丁目10-30「野代神社」合祀の「宇賀神社(野城神社)」に関する記述である。(縁起は社伝と多少異なる)
    (宇賀山は現在の床机山のことかと思われるが不詳)
    又、出雲風土記抄では、「野白社」と記載(第1帖33コマ)。第1帖34コマに次のように記述している。
    『野白社者意宇郡野白村友田大明神是也』
    友田大明神というのは友田山(現在の田和山)にあったとされる社で、現在は移転して松江市乃白(ノシラ)町779「野白神社」となっている。
    • 記載の「城社」は「野白神社」が該当するのであろうと思われるが、いずれにせよ、安来市の野城社(能義神社)とは異なる。

須多社   眞名井社   布辨社    斯保祢社

意院之社  即原社    久來社    布吾祢社

寄道社   野代社    賣布社    狭井社

同狭井高社 牢流布社   伊布夜社   由宇社

布自奈社  同布自奈社  野代社    佐久多社

意院支社前社 田中社   詔門社

楯井社    遠玉社   石塚社    佐久佐社

多加比社   山代社   詞屋社    同社 以上廾八所置 但シ四十七社見ユル廾八トハ不審ナリ

多加比社   山代社   詞屋社    同社 (以上二十八所置)(但し四十七社見ユル。二十八とは不審なり)

在社祇宮   宇田比社  支布佐社   毛社乃社

郡當乃夜社  支布佐社  国原社    田村社

予穂社    同予穂社  伊布夜社   阿太加夜社

須多下社   河原社   布字社    米郡為社

加和罗社   笠柄社   志多備社   食師 以上十九所置在神祇官 但シ支布佐社ニ所見ル是ヲ合テ二十所アリ

加和羅社   笠柄社   志多備社   食師(ミケシ) (以上十九所に置在神祇官)(但し支布佐社に見る所、是を合せて二十所あり)

  • 食師…「食師社」。安来市飯生(イナリ)町679の「意多伎(オタキ)神社」に合祀されている。

[山]

長江山 郡家東南五十里有水精

長江山 郡家の東南五十里 (水精有り)

  • 水精…水晶

暑垣山 郡家正東八十歩有蜂 蜂欤トアリ

暑垣山 郡家の正に東八十歩 (蜂有り)(蜂欤とあり)

  • 蜂…「烽」(トブヒ・ノロシ)であろう。
  • 正東八十歩…後記に「暑垣烽高字郡家正東廾里八十歩」とあるので書き落としであろう。→「正東二十里八十歩」
  • 暑垣山…暑垣烽(アツガキトブヒ)と呼ばれる烽火台があった。安来市田頼町の車山(田頼山)とされる。地理院地図
    • 「蜂欤」は烽欤(ホウカ)。「欤」は欠伸(アクビ)の事であるから、烽火を間欠的にあげたことを指しているのであろうと思われる。
      出雲国風土記考証ではこの部分について、『古冩本に蜂の字につくり、蟒歟(ウハゞミカ)と傍書したもの、或は蜂蟒と書いたものがある。』と記している。「蟒」は(モウ・ボウ、うわばみ・おろち)「歟」は(ヨ、か・あくび)。「蜂蟒」も(うわばみ)の意。蟒蛇(ウワバミ)とするのは、烽火の様態を指しているのかもしれない。

(白井文庫k12)
http://fuushi.k-pj.info/jpgbIF/IFsirai/IFsirai-12.jpg
──────────
高野山 郡家正東一十九里
熊野山 郡家正南一十八里 有檜檀也所謂
熊野大神之社坐

久多美山 郡家西南廾三里有社
王作山 郡家西南廾二里有社
押名樋野 郡家西北一百廾九歩高八十丈周六
里卅二歩 東有松三
方並有茅

凡諸山野所在草木麦門冬獨活石斛前胡高
良姜連翹黃精百部根貫衆白朮薯蕷苦参細
辛商陸木玄参五味子黃々葛根牡丹藍漆薇
藤李檎字或
作梧
赤桐白桐楠椎海榴(ツバキ)字或
作椿
楊梅
-----
松栢字或
作榧
蘗槻禽獸則鵰晨風(ハヤブサ)字或
作隼
山鶏鳩鶉
字或作
離黄
鵄鴞作横致
功鳥也
熊狼猪鹿兎狐飛鼯(ムサゝビ)字或作
櫑作蝸-猧カ

獼猴之族至繁多不可題之
[川]
伯太川源出仁多與意宇二郡境葛野山經母理
楯縫安来三郷入入海有年魚
伊久比
山国川源出郡家東南卅八里枯見山北海入伯太川
飯梨河源有三一水源出仁多大原意宇三郡堺田原 一水
源出祐見 一水源出仁多郡玉嶺山

三水合北流入入海有年魚
伊具比
筑湯川源出郡家正東
一十里一百歩萩山北流入入海有年魚
意宇川源出郡家正南一十八里熊野山川流入入
──────────

高野山 郡家正東一十九里

高野山、郡家の正に東一十九里

  • 高野山…東出雲町と広瀬町の境にある「京羅木山」とされる。地理院地図
  • 高野山…東出雲町と広瀬町の境にある「京羅木山」とされるが少々疑問。京羅木山(473m)では正東に当たらない。京羅木山北稜に281.3mのピーク地理院地図があるが、ここを呼んでいたのではないかと思われる。

熊野山 郡家正南一十八里 有檜檀也所謂熊野大神之社坐

熊野山、郡家の正に南一十八里((ヒノキ)(マユミ)有る也。所謂(イワユル)熊野大神の社坐す)

  • 熊野山…現在の天狗山

久多美山 郡家西南廾三里有社

久多美山、郡家の西南二十三里。社有り。

  • 久多美山…松江市東忌部町「久多美神社」の後背にある。黒目山とも云う。元は山頂に久多美神社があったが、中世久多美山城築城の際、山麓に移された。更に明治期に忌部神社に合祀されたが、大正期に復興された。

王作山 郡家西南廾二里有社

王作山、郡家の西南二十二里。社有り

  • 王作山…玉作山、玉造温泉東方にある花仙山。碧玉(ヘキギョク)青瑪瑙(アオメノウ))を産出。八尺瓊の勾玉はこれで造られたとも云う。
  • 有社…ここに云う社は山中の社であるから、現在の玉作湯神社とは異なる。但し、既に合祀されているのかも知れない。

押名樋野 郡家西北一百廾九歩高八十丈周六里卅二歩 東有松三
方並有茅

押名樋野、郡家の西北一百二十九歩。高さ八十丈。(メグ)り六里三十二歩。 (東に松あり。三方並に茅有り)

  • 押名樋野…松江市山代町の茶臼山。
    ・上田秋成書入本k8で「押名樋野郡家西北一百廾九歩高八十丈周六里廾二歩 東有松三方並有弟」赤字で「弟」に「茅イ」と傍記
    ・校注出雲国風土記p15では「神名樋野(かむなびぬ)」としている。

凡諸山野所在草木麦門冬獨活石斛前胡高良姜連翹黃精百部根貫衆白朮薯蕷
苦参細辛商陸木玄参五味子黃々葛根牡丹藍漆薇藤李檎字或作梧赤桐白桐
楠椎海榴字或作椿楊梅松栢字或作榧蘗槻

(オヨ)(モロモロ)の山野に在る所の草木は、麦門冬(バクモントウ)獨活(ドッカツ)石斛(セキコク)前胡(ゼンコ)高良姜(コウラキョウ)連翹(レンギョウ)黃精(オオエミ)百部根(ビャクブコン)貫衆(カンジュウ)白朮(ビャクジュツ)薯蕷(ショヨ)
苦参(クジン)細辛(サイシン)商陸木(ショウリクボク)玄参(ゲンジン)五味子(ゴミシ)黃々(オウゴン)葛根(カッコン)牡丹(ボタン)(アイ)(ウルシ)(ワラビ)・藤・(スモモ)()(字を或いは梧に作る)・赤桐・白桐
・楠・椎・海榴(ツバキ)(字を或いは椿に作る)・楊梅(ヨウバイ)・松・(カエ)(字を或いは榧に作る)・(ハク)(ツキ)

  • 区切り無く羅列されていて読みにくい。以下個別に記す。
  • 麦門冬(バクモントウ)…蛇ノ髭(ジャノヒゲ)・藪蘭(ヤブラン)。古名は山菅(ヤマスゲ)。根を煎じて生薬とする。麦門冬湯として知られ咳に効く。
  • 獨活(ドッカツ)…ウドの生薬名。湿布薬になる。
  • 石斛(セキコク)…少彦薬根(スクナヒコナノクスネ)・岩薬(イワグスリ)という古名がある。健胃薬・強壮薬。
  • 前胡(ゼンコ)…野芹(ノゼリ)。解熱・去痰・鎮咳。
  • 高良姜(コウラキョウ)…花茗荷(ハナミョウガ)の事。健胃・整腸・解熱薬。
  • 連翹(レンギョウ)…古名は(鼬草イタチグサ)。花の付く枝がイタチのように立ち姿になることからの呼び名という。解熱・消炎・腫物に効果。
    但し本来の連翹は(巴草トモエソウ:大連翹)もしくは(弟切草オトギリソウ:小連翹)。
  • 黃精(オオエミ)…鳴子百合(ナルコユリ)の古名。滋養・強壮薬
  • 百部根(ビャクブコン)…古名はホドズラ。その根を漢方薬とした。殺菌。
  • 貫衆(カンジュウ)…銭巻(ゼンマイ)の生薬名。虫下し。
  • 白朮(ビャクジュツ)…朮(オケラ)の生薬名。健胃・健脾・強壮。
  • 薯蕷(ショヨ)…山之芋(ヤマノイモ)の別名。強壮・疲労回復。
  • 苦参(クジン)…眩草(クララグサ)の根の生薬名。クラクラするほど苦い事からクララと呼ばれる。健胃・消炎・皮膚病など。
  • 細辛(サイシン)…薄葉細辛(ウスバサイシン)・韮根草(ミラノネグサ)。鎮咳・鎮痛薬。
  • 商陸木(ショウリクボク)…古名で(イオスキ)とも読む。キク科ヤマボクチ属の菊葉山火口(キクバヤマボクチ。通称山牛蒡ヤマゴボウ)。根が利尿剤となる。火口は葉の裏に毛があり火種として使われたことによる名称。
    ヤマゴボウ科の山牛蒡ではない。
    校注出雲国風土記では、「商陸・高木」と分けて、高木に(サワソラシ・カサモチ)を充てている。カサモチは「和藁本」(ワコウボン)と記され「藁本」とも記すようだが、「高木」は不明。
  • 玄参(ゲンジン)…胡麻葉草(ゴマノハグサ)の根を乾燥したもの。解熱・解毒。
  • 五味子(ゴミシ)…朝鮮五味子(チョウセンゴミシ)。果実を鎮咳、強壮薬とする。
    校注出雲国風土記では(サネカズラ)としているが五味子の代用品で別種。
  • 黃(オウゴン)…正しくは黄苓、黄金花(コガネバナ)コガネヤナギとも云う。消炎・解熱・腹痛薬。校注出雲国風土記では(ヒヒラギ)と読んでいるが不明。ヒヒラギは「柊」。
  • 葛根(カッコン)…葛の根(クズノネ)。葛根湯の主成分として有名。滋養・発汗・風邪
  • 牡丹(ボタン)…古名は深見草(フカミグサ)。根の皮を牡丹皮(ボタンピ)と呼び生薬とする。消炎・鎮痛・止血・通経・通便。
  • 藍(アイ)・漆(ウルシ)…染料の藍と漆器に用いる漆。
    校注出雲国風土記では「藍漆」を分けずに(ヤマアイ)と読んで、タデ科のアイの事としているが、「藍漆」では(ヤマアサ)即ち反魂草(ハンゴンソウ)の事を指し、違和感がある。
  • 檎(ゴ)…「檎」は林檎(リンゴ)の事。林梧とも書く。又、梧桐は青桐を云う。後に赤桐、白桐が続くので、青桐を指しているのかも知れない。
    「校注出雲国風土記では「杉」とし「字或作椙」としている。
  • 海榴(ツバキ)…海柘榴(ウミザクロ)、椿の異名。椿の実が柘榴の実に似ている事によると言う。海を付けたのは海辺の山中に多くある椿を指したのであろうと思われる。
  • 楊梅(ヨウバイ)…山桃(ヤマモモ)の事
  • 栢(カエ)…榧(カヤ)の古名。
  • 蘗(ハク)…黄檗(オウバク)、黄膚(キハダ)の事。ミカン科の常緑高木で、樹皮を剥くと黄色い。この黄色い部分が生薬となる。抗菌・健胃整腸薬。又染料にも用いる。禅宗の黄檗山はこれに由来する。
  • 槻(ツキ)…欅(ケヤキ)の古名。

禽獸則鵰晨風(ハヤブサ)字或
作隼
山鶏鳩鶉鶬字或作
離黄
鵄鴞作横致
功鳥也
熊狼猪鹿兎狐飛鼯(ムサゝビ)字或作
櫑作蝸-猧カ
獼猴之族至繁多不可題之

禽獸には則ち、(ワシ)晨風(ハヤブサ)(字を或いは隼に作る)・山鶏(ヤマドリ)・鳩・(ウズラ)・鶬(字を或いは離黄に作る)・(トビ)(フクロウ)(作横致功鳥(コウチョウ)也)・熊・狼・猪・鹿・兎・狐・飛鼯(ムササビ)(字を或いは櫑に作り、蝸に作る-猧か)・獼猴(ビコウ)の族。至って繁多(サワ)にして(カカ)げるに不可

  • 晨風…「字或作隼」とあり(ハヤブサ)と傍記してあるのでハヤブサとするが、一般には「晨風」は(シンプウ)であり、「晨」は夜明けを指し、晨風は夜明け頃に吹く風、「朝風」のこと。隼を晨風(朝風)に充てたのは、山から谷に吹き下ろす風でもあり、夕風より速いからであろう。
  • 鶬…真鶴(マナヅル)。校注出雲国風土記では(ヒバリ)と読んでいる。
    「離黄」は説文に倉庚(ソウコウ)の別名とある。この倉庚は鶯(ウグイス)を指す。
  • 鵄(トビ)・鴞(フクロウ)…校注出雲国風土記では、「鴟鴞」と記し(ズク)と読み、ミミズクの事であるとしている。
    が、「鴟鴞(シキョウ)」はフクロウであり、ミミズクは「鴟鵂(シキュウ)」である。
  • 作横致功鳥…不明な注記で、色々解釈されている。「鵄」を「鴟」としているものがあり、「鴟」の場合に、「横致」は偏が致→至ということなのかも知れない。標注古風土記p83によれば、千家俊信は「作横切鳥」と変えたらしい。
    「功鳥」はイサオ鳥=勇ましい鳥で猛禽類であることを指している。これを「悪鳥」「凶鳥」と記しているものもある。悪鳥・狂鳥はひどいと思うが・・・。
  • 飛鼯(ムササビ)…平安中期以前にはムササビとモモンガを共にムササビと呼び区別していなかったようである。
  • 櫑(ライ)…酒樽。「鼺」(ルイ)がムササビであるから、誤記もしくは略記であろう。
  • 蝸・猧…読みは共に(カ)。蝸は(カタツムリ)。猧は狆(チン)。出雲風土記抄第1帖p39では『字或作[獣偏に畾]作蝠』とあるが解説はない。「蝠」は(マムシ)。
    この件不明。
  • 獼猴(ビコウ)…大猿
    • この辺りの読みの解説は『和名類聚抄』を参考にしている場合が多いようである。出雲国風土記から200年後に作られたものであり、書写の過程で誤記改竄も多々あるようであり、気を付けないと本末転倒となる。
      即ち、出雲国風土記から和名類聚抄に収録されたものを、和名類聚抄に斯くあるから、出雲国風土記の記述は斯くの如しと云うような倒錯。

[川]

伯太川源出仁多與意宇二郡境葛野山經母理楯縫安来三郷入入海有年魚
伊久比

伯太川、源は仁多と意宇、二郡の境の葛野山より出て、母理・楯縫・安来の三郷を経て、入海に入る。(年魚(アユノウヲ) 伊久比あり)

  • 年魚…(アユノウヲ)とルビがある。鮎。1年で一生を終えることから「年魚」と記される。
    秋口に下流域で産卵し、稚魚は海で育ち、暖かくなると元の川の中上流域に遡上してくる。
    成魚は岩に付いた苔を食べよい香りを出すので「香魚」とも記す。
  • 伊久比(イクヒ)…(ウグイ)。方言ではハヤ。泳ぎが早いことによるという。
  • 入海…現在の中海。鶏頭院天忠校正本では「大海」としている。出雲風土記抄では「于海」と記している。
  • 于海…出雲風土記抄で頻繁に用いられている表現で。于は助詞「に」。「于海」で「海に」。宍道湖・中海共に用いている。

山国川源出郡家東南卅八里枯見山北海入伯太川

山国川、(ミナモト)は郡家の東南三十八里の枯見(カレミ)山より出て、伯太川により北の海に入る

  • 山国川…現在の吉田川
  • 枯見山…宇波山とされるのだが、宇波山が解らない。源流域の地形から現「羽根ヶ谷山」若しくはやや西方のピークの事と思われる。「宇波」は元字「雲南」ともいわれる。
    山名については古代において、現代のように山頂部中心に呼ぶのではなく山体を総して呼んでいたように思われる。
  • 北海入伯太川…他書では「北流入伯太川」としている。が、安易に変えるべきではないので上記の読みとした。
    上田秋成書入本では「北海入伯太川」として、「海」の横に赤字で「流」と注記している。
    現在の吉田川は河川工事により西行し直接中海に注いでいるが、既に記したようにかつては伯太川に流れていた。
    • 出雲国風土記には注釈書等が安易に原文を変えすぎていると云う批判がある。1300年前の作成であり原本が残っておらず、書写による異同が多い為致し方ない面もある。良くあるのが古写本複数を比較勘案したという説明だが、底本原文と変更の根拠ぐらいは示すべきであろう。

飯梨河源有三一水源出仁多大原意宇三郡堺田原 一水源出祐見 一水源出仁多郡玉嶺山三水合北流入入海有年魚伊具比

飯梨河、(ミナモト)三つ有り。(一水の源は仁多・大原・意宇・三郡の堺、田原より出る。 一水の源は祐見より出る。 一水の源は仁多郡玉嶺山より出る。)三水合いて北に流れ入海に入る。(年魚・伊具比有り)

  • 一水(イッスイ)…校注出雲国風土記では(ヒトスジ)と読んでいる。
  • 田原…支流の山佐川源流域。三郡山(サンゴオリヤマ)というのがある。田原山という説もあるが不明。
  • 祐見…枯見であろう。支流の宇波川・水田原川源流域。出雲国風土記鈔第1帖p41には『枯見者能義郡の宇浪山の名也』とある。
  • 玉嶺山…現玉峰山。支流の布部川・東比田川源流域。布部川は玉峰山を源流域としているが、東比田川は猿隠山方面を源流域としている。
    • 飯梨川の記述部分で3水源を個別の山に特定しようとする解釈があるが、河川の水源を一つの山に絞るのは無理がある。

筑湯川源出郡家正東一十里一百歩萩山北流入入海有年魚

筑湯川、源は郡家の正に東一十里一百歩萩山より出て北に流れ入海に入る。(年魚有り)

  • 筑湯川…現在の意東川。上田秋成書入本では「筑湯川」、出雲風土記抄では「筑陽川(チクヨウ・チクヤの両読みが記載されている)・校注出雲国風土記・標注出雲国風土記では「筑陽川」
    東出雲町に筑陽神社というのがあり、元社名は出雲国風土記の「調屋社」とし、河川氾濫により度々社地を変えているが意東川辺にあった事もあるという。筑陽社というのは延喜式神名帳によるようである。
  • 萩山…現在の星上山、若しくは京羅木山。上田秋成書入本では「茯山」。校注出雲国風土記では「荻山」(星上山としている)。
    標注出雲国風土記では「荻山」(京羅綺山としている)。
    出雲風土記抄第1帖p41では「荻山」とし次の解説がある。
    『鈔曰筑陽川者意宇郡筑陽郷餘戸里伊東村之川也荻山者奥伊東之山名也』
    雲陽誌では波入川(筑陽川)の解説で『荻山は奥意東の山をいふ、星上山境良来山の麓より流れ出て下意東の海中に入』と記している。これからすると、荻山は星上山から京羅木山まで連なる全体を指しているようである。

意宇川源出郡家正南一十八里熊野山川流入入海有年魚
伊具比

意宇川、源は郡家の正に南一十八里の熊野山より出て、川流れて入海に入る。(年魚、伊具比有り)

  • 上田秋成書入本では14コマ、『熊野山川流入〃海」とし、「川」の横に赤字で「北』と注記している。
    校注出雲国風土記ではp112『意宇川、源出郡家正南一十八里熊野山北流、東折流入〃海有年魚
    伊具比
    』としている。
  • 出雲風土記抄では第1帖p41『意宇川源出郡家正南一十八里熊野山北流東折流入于海年魚伊
    具比
    』としており、
    解説で『俗言或出雲(アタカエ)或大草或大庭川也』つまり、出雲川・大草川・大庭川、等と呼んでいたらしい。

(白井文庫k13)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/izumos/ifs13.jpg
──────────
有年魚
伊具比
野代川源出郡家正南一十八里須我山北
流入入海 玉作川源出郡家正西一十九里志山北流
入入海有年
來得川源出郡家正西廾八里和奈佐山
西流至山田村更折北流入入海有年
完道川源出
郡家正西卅八里幡屋山北海流入海無魚
[池]
津間抜池周二里卅歩有鳥鴨
[魚斤]蔘
眞名猪池周一里北入
海門江濱伯耆與出雲二
国堺自東行西
粟鳥島ノ
字ヵ
有椎松多年木
宇竹眞島等葛
砥神嶋周三里
一百八十歩高六十丈有椎松莘薺-茸ヵ頭蒿都
波師太等草木也
加茂嶋旣礒
羽嶋有[木番]比佐木多
年木蕨薺頭葛
鹽楯嶋有蓼螺
子永慕
野代海中蚊嶋周六
十歩中央温土四方並磯中央有毛掬許木一許茸
日磯有蟻有螺子有海松
自茲
-----
以西濱或峻堀或平土並是通道之所經也
道通国東堺手間剗卅一里一百八十歩通大原郡堺
林垣峯卅二里二百歩出雲郡堺佐雜埼卅二里
卅歩通嶋根郡堺朝酌渡四里二百六十歩前件
一郡 入海之南此則国廊也
  郡主司主帳无位海臣无位出雲臣
  少領従七位上勲業出雲
  主政外少初位上勳業林臣
  槪主政无位出雲臣

島根郡
──────────

野代川源出郡家正南一十八里須我山北流入入海

野代川、源は郡家の正に南一十八里須我山より出て、北に流れ入海に入る。

  • 野代川…忌部川(野白川)
  • 須我山…現在の八雲山とされるが、実際には「八雲山」424.1(m) 地理院地図の北の峰現在の「空山」410.6(m)地理院地図 の西山麓が水源域になっている。両方合わせて須我山と呼んでいたのかもしれない。
    八雲山の東麓に熊野大社(松江市八雲町熊野2451)地理院地図、西麓に須我神社(雲南市大東町須賀260)地理院地図がある。
  • 正南…他書では西南という記述が見られるが、郡家と須我山の位置関係は西南と云うほど西によってはいないのでそのままにしておく。
  • 入海…野代川は宍道湖に注いでいるから、この「入海」は現在の宍道湖を指す。この事から「入海」と書かれた場合、中海・宍道湖を区別していなかったことを意味する。つまり、入海と云うのは固有名詞ではなく一般名詞ということになる。汽水であるから入り込んだ海と云う認識だったのであろう。

玉作川源出郡家正西一十九里志山北流入入海有年魚

玉作川、源は郡家の正に西一十九里志山より出て、北に流れ入海に入る。(年魚有り)

  • 玉作川…現在の玉湯川
  • 志山…出雲国風土記考証p79に『玉作川の源は大谷の奥であって、大谷と海潮村の山王寺との堺の葦山である。古寫本にいづれも志山とあるは、阿志山の阿が脱落したものかも知れぬ。』とある。
    葦山が既に良く解らないのだが、現在の鍋石山地理院地図及びその東北方向ピークであろうと思われる。(城床集会所南方・大東クレー射撃場北方)
    • 一部に「拝志山」としている件について、標註古風土記p89に「拝の字は内山眞龍の風土記解が挿入したもので、千家俊信の訂正風土記が、これに従ったのであるが、拝志山といふ山はない」とある。
      眞龍・俊信による原文変更は多々見られるので注意が必要。

來得川源出郡家正西廾八里和奈佐山西流至山田村更折北流入入海有年魚

來得川、源は郡家の正に西二十八里和奈佐山より出て、西に流れ山田村に至る。更に北に折れて流れ、入海に入る。(年魚有り)

  • 來得川…来待川。[得」は[待]の誤記であろう。
    ・上田秋成書入本14コマでは「來得川」の「得」の横に赤字で「待」と記している。
    ・出雲風土記抄1帖k42では「來待川」としている。
  • 和奈佐山…和名佐神社(松江市宍道町上来待)地理院地図附近の山。
    ・出雲国風土記考証p71で「和名佐山とは、大谷(おほだに)和名佐(わなさ)と、畑鵯(はたひよどり)との堺にある山をいったものであろう。」とある。地理院地図
    ・修訂出雲国風土記参究ではp170〔参究〕で「和名佐山は八束郡宍道町和名佐北方にある山(標高二八一.九米)であろう」とある。地理院地図
  • 後藤と加藤の見解は別れている。和名佐神社の所在地を考えると、両者の見解のどちらでもなく、和名佐神社後背の山が和名佐山ではないかと思われるが一応保留。
  • 山田村…現在の菅原地区にあたる。

完道川源出郡家正西卅八里幡屋山北海流入海無魚

「北海流入海」を「北流入入海」に修正

完道川、源は郡家の正に西三十八里幡屋山より出て、北に流れ、入海に入る。(魚無し)

  • 北海流入海…「北流入入海」であろう。
    上田秋成書入本14コマには、「北海」の「海」に「衍字」と赤書きしている。
    出雲風土記抄第1帖p42では「北流入于海」
  • 完道川…宍道川、佐々布(サソウ)
  • 幡屋山…大東町幡屋の北方にある山。馬鞍山(371.8m)・大平山(410.8m)・八重山(407m)と連なる山塊のことであろう。地理院地図
  • 無魚…鮎が居ないと云う意味であろうか。魚が全く居ないことはないだろうから不明。
    生き物図鑑/佐々布川では、鮎は居ないが他の魚は居る。
    上流を金山川という事から、何らかの鉱物の影響で鮎が育たない川なのかも知れない。
    或いは土石流など自然災害の発生で苔が失われ鮎が居なくなったのか。

[池]

津間抜池周二里卅歩有鳥鴨[魚斤]蔘

津間抜(ツマヌキ)池、(メグ)り二里三十歩(鳥鴨[魚斤]蔘有り)

  • 津間抜池…松江市乃木町にかつてあったという池。
    出雲国風土記考証に次のように記されている『乃木の今の善光寺から東南へ直線に五町半にあたりて、長さ百六十間ばかりの道路が東西に亘る。之を大桁といふ。この大桁を北の境としてその南を字ツバといふ。これが津間抜池の跡であらう』
    現在の松江総合運動公園の辺りか。
  • 鳥鴨[魚斤]蔘…上田秋成書入本では「鳥」に「鳥疑(ケリ)欤」、「[魚斤]」には「鮒」と赤字で注記している。
    出雲風土記抄では「鳧鴨[魚斤]蔘」。
    出雲国風土記考証には『鳧鴨芹菜は國造本に據る。他の古寫本では鳧鴨[魚斤]蔘に作る。』とある。
    校注出雲国風土記では「鳬鴨鮒蓼」としており、鳬に(たかべ)の読みを振っている。鳬は鳧の異体字。(たかべ)は小鴨の古名であり、漢字では「鸍」である。
    • 上記より、「鳥」は「(ケリ)」、と考えて良さそうである。[魚斤]については「(フナ)」の誤記と思われるが保留。
      尚、近年宍道湖周辺ではタゲリは確認されているが、ケリは確認されていないようである。

眞名猪池周一里北入海

眞名猪池(マナイノイケ)、周り一里。北は入海

  • 眞名猪池…出雲風土記抄に『在于意宇郡山代郷矢田村』とある。これだけでははっきりしないのだが、現在の八幡溜池の事かと思われる。少し東方の蟹穴池という説もある。矢田町に間内と云う地名が残っていることから、間内の池であろうという説もある。間内の池がどこにあたるかは不詳。

門江濱伯耆與出雲二
国堺自東行西

門江濱(カドエノハマ)(伯耆と出雲二国の堺。東より西に行く。)

  • 門江濱…安来市の吉佐(キサ)門生(カドウ)の間にあった浜辺。現在は埋め立てにより浜辺の風情はない。

(子嶋既磯

ここに欠文有り、出雲風土記抄から補う

(子嶋、(既に磯))

  • 子嶋…校注出雲国風土記では安来市島田町沖の松島としているが不明

粟鳥島ノ字ヵ 有椎松多年木宇竹眞島等葛

粟鳥、(島ノ字ヵ)(椎・松・多年木・宇竹・眞島等、葛有り)

  • 粟鳥…粟島の誤記。安来市対岸の、米子市粟島。今は弓ヶ浜の小山になっているが江戸時代中期までは島であった。粟島神社があり少彦名命を祀る。かつては出雲国の領域であった。
  • 多年木(アワキ)…モチの木・橿木(カシノキ)・青木の総称。
  • 宇竹(オオタケ)…ハチクの古名。半竹・淡竹。
  • 眞島…眞前の誤記か?。柾木(マサキ)。
    • この部分写本で異同がある。
  • 出雲風土記抄『有椎松多年木宇竹真嶋木葛』
    上田秋成書入本『有椎松多年木宇竹真鳥木葛』「鳥」の横に「嶋」と赤字
    鶏頭院天忠校正本『有椎松多年木宇竹眞嶋等葛』
    校注出雲国風土記『有椎松多年木宇竹真前等草木』

砥神嶋周三里一百八十歩高六十丈有椎松莘薺-茸ヵ頭蒿都波師太等草木也

砥神嶋、周り三里一百八十歩高さ六十丈。(椎・松・莘・薺-茸ヵ頭蒿・都波・師太・等草木有る也)

  • 砥神嶋…十神島。安来市安来町の十神山。かつては島であった。
  • 薺(ナズナ)…単漢字ではナズナの事だが、次のようにオハギと読む。
  • 薺頭蒿(オハギ)…嫁菜(ヨメナ)の古名。(茸とあるのは不要)
  • 都波(ツワ)…ツワブキ
  • 師太(シダ)…ウラジロの別名

加茂嶋旣礒

加茂嶋(旣に礒)

  • 加茂島…安来町の亀島。

羽嶋有[木番]比佐木多年木蕨薺頭葛

羽嶋、([木番]。比佐木・多年木(アワキ)蕨薺頭(オハギ)・葛有り)

  • 羽嶋…安来市飯島(ハシマ)、羽島神社(元の名は飯島(ハシマ)神社)のある権現山という。
  • [木番]…椿であろう
  • 比佐木(ヒサギ)…久木・楸。赤芽柏(アカメガシワ)の古名。校注出雲国風土記では(キササゲ)としているがキササゲは「木大角豆」。

鹽楯嶋有蓼螺子永慕

鹽楯(シオタテ)嶋、(蓼螺子(タデニシ)永慕有り)

  • 鹽楯嶋…塩楯島。出雲国風土記考証に『馬潟の瀬戸にある。手間天神の島である。』とある。松江市馬潟町手間の、宍道湖と中海を結ぶ大橋川下流の川の中にある小島を塩楯島という。島には手間天神という社がある。
  • 蓼螺子(タデニシ)…出雲国風土記考証に『蓼螺子は長辛螺(ナガニシ)のことであって、味が辛いから蓼螺子とも辛螺子とも書く』とある。イトマキボラ科の巻貝らしい。味が蓼のように辛いことから蓼螺子と云うらしい。(食したことがないので不詳)
  • 永慕…出雲風土記抄・上田秋成書入本・鶏頭院天忠校正本、いずれも「永慕」となっている。「永慕」が何であるのかは不明。
    校注出雲国風土記は「水蓼」としている。水蓼は川蓼の事で、ヤナギタデの変種であり水中に生えるものを云うらしい。
    出雲国風土記考証・標注古風土記ではこの部分を欠いている。

野代海中蚊嶋周六十歩中央温土四方並磯中央有毛掬許木一許茸日磯有蟻有螺子有海松

野代の海中に蚊嶋あり。周り六十歩、中央は温土にて四方は並びに磯。(中央に毛掬許りの木一つだけあり。曰く磯に蟻有り、螺子有り、海松(ミル)有り)

  • 蚊島…出雲風土記抄に『野代海中ノ蚊島ハ正字ハ蓋シ可作嫁島ニ欤 在于意宇郡乃木之海中 俗曰(ヨメ)嶋~』とある。即ち「正字は嫁島(カシマ)か」と推察している。
    松江城築城の際、この島から石を切り出したと云われているから、現在とは随分違っていたと思われる。松江城を作った堀尾忠晴がこの島に弁財天の祠を建てたことから弁天島とも呼ぶ。
    • 蚊島が嫁島と云うのは疑問。蚊が居る島で構わないと思う。一度機会があり水中参道を通り上陸したことがあるが、確かに蚊が居た。
      「嫁が島伝説」と云うのが幾つかあるが風土記作成以前からの伝説であるなら、それなりに記述されていたであろう。
      その様な記述がない以上嫁島と云うのは風土記作成以後の表記と考えられる。
  • 温土…湼土・涅土(クロツチ)の誤記と思われる。
  • 毛掬…「十掬」或いは「手掬」としているものもある。いずれにしても「ひと(スク)い」=「僅かばかり」と云う意味である。
  • 有蟻…この文字を欠いているものもある。蟻がいたと云うことは、元は陸続きだったのであるかも知れない。
  • 螺子(ラシ・ニシ)…巻き貝のことであろう。特定はし難いがアカニシのことであるかも知れない。砂泥地の浅海で捕れ食用になる。
  • 海松(ミル)…塩水中で育つ海藻であるから、当時は宍道湖の塩分濃度が高かったことを示している。
    寛永年間に宍道湖に出雲大川(斐伊川)の水が流れ込むようになり淡水化がすすんだ。

自茲以西濱或峻堀或平土並是通道之所經也

茲より以西の浜、或るは峻堀(シュンクツ)、或るは平土(ヒラツチ)にして、並びに是れ通道(カヨイミチ)()る所也

道通国東堺手間剗卅一里一百八十歩

道、国の東の堺なる手間剗(テマノセキ)に通うは三十一里一百八十歩

  • 手間剗…手間関。出雲風土記抄に『手間剗者能儀郡関村也』とある。
    島根県と鳥取県の県境、伯太町の要害山(手間山)北西方向に関山という峠があるので、此処であろう。(安来市伯太町安田関関山)地理院地図

通大原郡堺林垣峯卅二里二百歩

大原郡の堺なる林垣峯に通うは三十二里二百歩

  • 林垣峯(ハヤシガキノミネ)…出雲風土記抄に『大原意宇二郡ノ堺林垣者来待ノ郷和名佐与大原郡幡屋山之堺也』とある。
    松江市宍道町上来待和名佐から雲南市大東町畑鵯(ハタヒヨドリ)に通ずる県道25号線の遠所越という峠であろう。地理院地図
    峯としているのは、峠の東方側に254.0mの急峻なピークがあるのでそれを指しているのだと思われる。地理院地図
    ・出雲国風土記考証p84解説で「郡家から西へ殆んど直線に進み、今の野白(のしら)に於て野代橋(ヌシロバシ)を渡り、布志名(ふじな)湯町(ゆまち)玉造(たまつくり)大谷(おほだに)和奈佐(わなさ)へと通り、大原郡へ越す。林垣峰は和奈佐から大原郡の畑鵯(はたひよどり)へ越す峠をいつたものであらう。」とある。
    (和奈佐は今の和名佐であろう)
    ・校注出雲国風土記では「木垣峯」と記している。
    ・修訂出雲国風土記参究p177〔参究〕で「木垣峰は郡界の八十山(標高四〇〇米余)で、路程はその登山口、大原郡大東町に越す遠所(えんじょ)越までをいうのであろう。路程は十七・九九六粁で郡家から湯町を経て峠までに至る距離にあたる。山麓に「古来垣」という所があるのはその異称であろう。さすれば諸本に「林垣峰」となっているが、大原郡末通道の条に「木垣坂」とあるに従うべきであろう」とある。ここに八十山というのは不明だが、八重山(407m)若しくはその東方ピーク地理院地図を指しているのかもしれない。であるとすれば峠道からはかなり西方になる。
    • 加藤は遠所越というのを、遠所の里から八重山を越えて小林に達する今はないルートとして捉えていたのかも知れない。

出雲郡堺佐雜埼卅二里卅歩

出雲郡の堺佐雜埼、三十二里三十歩

  • 佐雜埼(サソウザキ・ササフノサキ)…出雲風土記抄に『佐雜埼者意宇郡伊自美村与佐々布村之堺乃此佐加恵谷也 伊自見旧在出雲郡而今則属于意宇郡也』(佐雜埼は意宇郡伊自美村と佐々布村の堺の此佐加恵谷なり。伊自見はふるくは出雲郡にありて今は則ち意宇郡に属すなり。)とある。
    「宍道町歴史叢書」によれば、古山陰道は現在の山陰自動車道宍道JCTと国道9号線の間、小佐々布と呼ばれる地区のやや南方の山中を通じていたと考えられ、その小山辺りが佐雜埼と推定されている。地理院地図

通嶋根郡堺朝酌渡四里二百六十歩

嶋根郡の堺なる朝酌渡に通うは四里二百六十歩

  • 朝酌渡(アサクミノワタリ)…出雲風土記抄に『嶋根郡堺朝酌渡者意宇郡山代郷内間潟村与嶋根郡朝酌郷内福冨村之中間渡頭也』とある。
    現在の松江市大橋川の両岸、矢田町と朝酌町の間に矢田渡し場というのがあり、此処であろう。
  • 四里二百六十歩…郡家からの距離(直線距離で3km弱)にしてはありすぎるので誤記と思われる。

前件一郡 入海之南此則国廊也

(サキ)(クダリ)の一郡は入海の南、此れ則ち国廊也

  • 一郡…意宇郡のことであろう。
  • 国廊(コクロウ)…国の通り道。中央道といったところか。「国廊」を出雲風土記抄では「國務」としているが注釈無く不明。

郡主司主帳无位海臣无位出雲臣
少領従七位上勲業出雲
主政外少初位上勳業林臣
槪主政无位出雲臣

郡主司主帳(無位海臣、無位出雲臣)
少領従七位上勲業出雲
主政外少初位上勳業林臣
擬主政無位出雲臣

  • 記述者の表示部分である。「~臣」とだけあるため、実名不明。
  • 勲業出雲…勲業出雲臣であろう。
    「勲業」は出雲国風土記考証に『考課の試によりて賜はる文位であって、文章生得業者をいふ』とある。
    ・校注出雲国風土記では『諸本「勲業」とあるが、細川、倉野両本により推定して訂正』と注記し「勲十二等」としている。
    ・修訂出雲国風土記参究p178で
    「郡司主帳無位海臣
    無位出雲臣

    少領外従七位上勲十二等出雲臣
    主政外少初位上勳十二等林臣
    擬主政無位出雲臣」としている。
    • 勲等は位階によって与えられる等数が定まっており、「勲十二等」としているのはおかしい。
      例えば従七位であれば勲十等。

・細川本
「郡主司主帳无位海臣
无位出雲臣

少領従七位上勲業出雲
主政外少祠位上勳業林臣
槪主政无位出雲臣」

・倉野本
「郡主司主帳无位海臣
无位出雲臣

少領従七位上勲業出雲
主政外少祠位上勳業林臣
槪主政无位出雲臣」


「出雲国風土記要図」意宇郡・大原郡
http://fuushi.k-pj.info/jpg/map/izumofudokiyouzu_ou.jpg



『出雲国風土記』嶋根郡


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-15 (日) 00:35:04 (39d)