神社a

○「琴弾山神社
島根県飯石郡飯南町佐見

主祭神:大国主命

琴引山山頂近くにある。
女夫岩と呼ばれる2つの巨岩の間に階段が設けられ、その先に社がある。
案内板には「「出雲国風土記」所載の古社なり」とあるが、
出雲国風土記に記載はない。
記載されているのは「琴引山」であって、「琴弾山神社」という記載はどこにもない。

「琴引」の「引」は[弓+|]で、[|]は弓の弦を表す。
「引」は弦を用いた楽器を鳴らす場合一般に用いる。
「弾」は特に弦を叩いて音を出す場合に用いる。(例えばピアノ)
又「引」には納めるという意味もあり「琴引山」というのは両方の意味で「引」を用いたのであり「弾」とするのはふさわしくない。
社名で「琴引山」を「琴弾山」に変えているが、このような漢字の字義を知らない者が変えたのであろうと思われる。

社の西方に広い平地があり、中世近世修験の時代に宿坊があった場所と云われているから、「琴弾山神社」というのは修験者たちが祠を建てて祀ったのが原初であろうと思われる。
更に南方には杉木立のあるかなり広い場所がありこの附近にも宿坊があったのであろうと思われる。

フォレストパークからの登山道口の案内には祭神として「大国主大神・伊弉冊大神」と記されている。
琴引山に「伊弉冊尊」に関する伝説は残されていない。「伊弉冊尊」を祭神としたのは、修験者が山の神として良く行うことであり、これも「琴弾山神社」が修験者の手になる社であることを示している。
そもそも「大国主」という祭神名は風土記の時代には用いられていない。

余談だが、修験の祖とされるのは「役小角」であるが、その父「役大角」は出雲出身である。


近年、琴引山に登る人の過半はスキー場のあるフォレストパークからの登山道であろうが、
参道としては、東方琴引地区から尾根沿いに登るのが本来である。
由來八幡宮が合社した頓原の多倍神社の奥宮が琴弾山神社といわれていたりするが、由來八幡宮から敷波川沿いを遡上し琴引に至りそこから尾根を登ると云うのが参拝の行路であろう。

登山口には鳥居がある。
ここから登ると、途中に「琴の岩屋」と呼ばれる窟がある。
傍に小社がもうけられている。
窟は入り口は狭いが、入ると結構な広さがあり右方向に下る階段がある。
その先には二段の平石があり、その右手側は深く一段下がっている。
大きさから奥の平石が大神の御琴と呼ばれたのであろう。
窟全体は大岩二枚が寄り重なって三角構造となっている。
最深部は細く深くなっている。
江戸期に作られた水琴窟というのがあるが、窟の天井から水滴が落ちて平岩に当たれば同様な響きを奏でるのではないかと思われる。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-06 (木) 07:11:58 (4d)