神名解題a

高比売命

  • 古事記では大国主神と多紀理毗売命の子「高比売命(タカヒメノミコト)」別名「下光比売命(シタテルヒメノミコト)」
  • 日本書紀では本文、顕国玉の女子「下照姫」亦の名「高姫」亦の名「稚国玉」
    一書1「下照媛」

天若日子の妻神
味耜高彦根命の妹。

出雲国風土記系譜から考えると、阿遲須伎高日子命の妹であるから、
阿太加夜神社に祀られる「阿太加夜努志多伎吉比賣命」と同一神と考えられる。
但し、母神は綾門日女命(神魂命の子)。

多紀理毗売命は宗像の奥津宮に祀られるが、天照大神と須佐能袁命の誓約で生まれた女神、
一方大国主は須佐能袁命6世の孫とされるから、年代が全く合わない。

(阿遲須伎)高日子命・高比売命と並べて見ると、タカヒコ・タカヒメで兄妹となっている。
おそらくはこれが元来の名なのであろう。

物言わぬ兄「阿遲須伎高日子命」と共に神戸郡高岸鄕で神戸水海の岸辺の高屋で暮らし、その世話をしていた。
それ故「高比売・下照姫」の名があるのであろう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-07-31 (日) 07:41:55 (61d)