『出雲国風土記』

『出雲風土記抄』

岸崎時照の『出雲風土記抄』は現在島根大学図書館と国立国会図書館で書影が公開されているが、
ここでは島根大学図書館桑原家旧蔵本をベースに文字起しを行う。(必要において国立国会図書館藤浪氏旧蔵本を取りあげる)


『出雲風土記抄』桑原本第1帖k7

http://fuushi.k-pj.info/jpgb/izumok/kisizaki1-07.jpg
----------
夫六十餘國之廣牟五畿七道之盛牟多
不聞先代之風土記漏残于世吁惜哉此
書之残闕誤字夥牟難尒有此消解則後
世博洽之士不探略而得詳革誤而歸于
正也乎然則君之此挙其豈曰少補之哉
於乎此書
天和三陽月日
      杵築松林野衲法印宏雄
-----
出雲國風土記
 國之大體首震尾坤東南宮北属海東一百
 卅七里一十九歩南北一百八十三里一百
 九十三
  一百歩
  七十三里卅二歩
  得而難可誤
   鈔曰國之震者以能儀郡母里郷為首
   坤者以飯石赤穴村為国之尾也東西
----------

  • 於乎此書…
    ・藤浪氏本では「於是乎遂書」
  • 天和三陽月日 杵築松林野衲法印宏雄…
    ・藤浪氏本では日付を後に記し「杵築松林寺法印破衲宏雄 天和癸亥歳冬十二月日」となっている。
    天和三年癸亥は1683年。「陽月(ヨウゲツ・ヒヅキ)」は陰陽の陽で偶数月の意味。十月を指すと云う。
    「衲」(ノウ)は僧衣の事で、「破衲」は破れた僧衣を意味し僭称に用いられる。同じく「野衲」は雲水僧を意味するのであろう。
    「法印」は僧侶の位階で「法印大和尚位」の略。最高位。
    「松林寺」は出雲市大社町杵築東641にある。真言宗醍醐派。

『出雲風土記抄』桑原本第3帖k29

----------
 乎可笑矣
諸山野所在草木草薢百部根女委夜
千商陸独活葛根薇藤李蜀椒楡赤桐
白桐椎椿松栢禽獸則有晨風鳩山雞
鵠鶉ツクミ楮鹿狼兎狐猕猴飛鼯也

----------

  • 鶉…[亠/里 鳥]。書影では偏はナベブタに里。ツクミと傍記されている。ツグミは「鶇」である。
  • 楮…楮は(コウゾ)であるから「猪」の誤記であろう。

『出雲風土記抄』桑原本第3帖k30

----------
 鈔云出雲川河源鳥上山雲伯両國堺仁多郡横
 田郷竹埼(タケサキ)俗呼曰舩通山所謂素戔嗚尊
 (ヒキヰテ)子五十猛神(クタ)到於新羅國云云遂
 埴土(ハニツチ)作舟(ノツテ)之東到出雲國簸川上所
 在鳥上(ダケ)云云蓋舩通山是也祭横田郷
 五十猛神俗呼云伊賀多気大明神又是也

-----

意保美小川源出雲御埼山北流入大
----------


『出雲風土記抄』桑原本第3帖k31

----------
有年魚
少々

 鈔云出雲郷御ハ埼山者指宇加山第一峯杵築今
 山此川出此山ヨリ下稍合流鰐淵寺川宇賀
 郷川下村入于大海
池江頂池周二百四十歩須々比池周
二百五十歩西門江周三里一百五十
八歩東流入于海

-----

----------


『出雲風土記抄』桑原本第3帖k32

----------

-----

 鈔云池江頂池須々比池西門江大方江二江此等
 水澤リヤ出雲郡三部市久木庄原海辺

----------

  • 三部市…今は「三分市」
  • 久木(ヒサギ)…久木という地名は今は残っていない。斐川村が六村合併により成立し町制施行した際に久木村は消失(1965年)。今の出雲市斐川町福富の辺り。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-08 (月) 16:41:43 (45d)