三瓶山行き

益田の山陰自動車道が少々出来ていた。
益田市街を迂回できる。

浜田から江津も浜田自動車道無料化で、こちらを使うと信号が無い分早い。

江の川遡上。
途中「沖丈遺跡」の看板。
県道工事で配石墓20ヶ所ばかり、見つかったらしい。弥生前期の土器・管玉など出土。
縄文から弥生への移行時期と思われる。

江の川沿い道路工事はまだ途中。一部昔ながらの一車線道路で離合し難い場所もちらほら。
全体的に今はまだ閑散とした道路だが、工事が完了すると、それなりに車両も増えるのだろう。猿の群が道路で遊んでいる。なんて光景も見られなくなる。

江の川大河悠々たり。

三瓶は温泉以外特には何もないのだが、何もないというのが気になるところ。
北の原、三瓶祭りとかで、駐車場満杯。結構な人出。

ぐるり廻って、気まぐれに断魚渓。
上から見ると、施設がある。どうやら河川敷に降りれそうなので、道探し。
標識も案内板も何もない。軽・5ナンバー車のみギリギリ通行可能な狭い橋を渡ると、
なんということもなく河川公園に。
公園は整備されているが、上から見た施設は、殆ど廃屋。
かつてはなにかの店があったようだ。無論誰もいない。
紅葉にはまだ早い。あと半月くらいか?
対岸の断崖に大きなスズメバチの巣。

瑞穂町に出て浜田自動車道経由で浜田を通過し戻る。

三瓶は出雲と石見の境界地。ここから八方に向かうことが出きる。
否。八方から三瓶に向かう道が作られてきたというべきか。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-10-24 (日) 00:00:00 (3331d)