メモa

ワタツミとヤマツミ

ワタツミ(海神・綿津見)
ヤマツミ(山神・山津見・山祇・山積)

「ツミ」は何だろうと長らく考えていたのだが、これはやはり「積み」で
ワタツミは、海の積み上がった様子即ち、津波、
ヤマツミは、山の積み上がった様子即ち、山津波、
を表すのだろうと考えるに到った。

海ノ神、山ノ神、が荒ぶり、襲いかかってくる姿がワタツミ・ヤマツミの表現背後にある意味なのであろうと思われる。
無論「津」は接続辞としても良いのだが、そうすると「見」は何だろうと考えた時、解釈しにくくなるのである。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-20 (月) 06:58:10 (1644d)