メモa

ミシャクチ
(ミシャグジ・ミシャグチ)

御左口神、御社宮司とも記される。
「ミシャグジ」が多く用いられるが「ミシャクチ」を採る。
神名には清音を使いたいという単純な理由である。

諏訪地方で古来から祀られた神で、諏訪社神事では重要な地位にある。
神長官(ジンチョウカン)守矢氏により祀られてきた。

柳田國男は塞の神(=境界の神)としたが、疑わしい。

古来の神に漢字を充てることはさほどの意味はないが、あえて充てれば「御石口」であろうか。
石口と云うのは石の間から顔を覗かせる蛇を表していると考えられる。
即ち蛇神であり、土地の神である。

諏訪地方にはソソウ神という白蛇神がいるが、白蛇ではない蛇をミシャクチと呼んだのではないかと考えている。
御赤口、と記せば、蛇が舌を出している姿を想起できる。

諏訪上社本宮で行われる蛙狩神事と云うのがあるが、蛙を生贄として、ソソウ神やミシャクチ神に捧げる神事であることが、蛇神であることを示している。

ちなみに、守矢家敷地内の御社宮司社は、守屋山を後拝する位置にある。


蛙狩神事を某NGOが糾弾しているらしい。
かかるNGOの御仁達は蟻一匹も殺さず生きてきたのであろうか?
蚊一匹も殺さず生きていくのであろうか?
当然に菜食主義者なのであろうか?
面白半分?にニュース報道するのもどうかと思う。
路上で車両にひき殺される蛙は年間何匹居るのか?残酷だから、車両の通行禁止をしろという運動をしているのか?
蛙の解剖実験も禁止か?マウスを用いた各種実験も禁止か?
1000年以上続く神事を掛かるくだらぬ糾弾でやめさせようと云うのか?
文化に対し愚昧。


トップ   編集 凍結解除 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-29 (水) 18:54:39