『日本書紀』

『日本書紀』巻第一神代上p01-


(慶長4年刊版a-k03)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a03.jpg
──────────
日本書紀巻第一
  神代上
古天地未剖陰陽不分渾沌如鶏子溟涬而
含牙及其清陽者薄靡而為天重濁者淹滞
而為地精妙之合搏易重濁之凝埸難故天
先成而地後定然後神聖生其中焉故曰開
闢之初洲壞浮漂譬猶游魚之浮水上也于
時天地之中生一物状如葦牙便化爲神號
──────────

日本書紀巻第一
  神代上
古天地未剖 陰陽不分 渾沌如鶏子 溟涬而含牙
及其清陽者薄靡而為天 重濁者淹滞而為地
精妙之合搏易 重濁之凝埸難

神代上
いにしえ天地(アメツチ)未だわかれず。陰陽(メヲ)分かれざりしとき、まろかれたること鶏の子のごとし。くもりて、きざしを含めり。
其れすみあきらかなる者、たなびいて天となり、重なり濁れる者、つづいて地となるに及んで、
くわしく妙なる之合えるはあおぎ易く、重なり濁れる之凝りたるはかたまり難し。

  • 鶏子=鶏卵
  • 溟涬(クラゲナスタユタエテ、クラゲナスタダヨヘル、ホノカニシテ)等の読み方をする校本もある。
  • 「埸」は岩波文庫では「竭」としている。

故天先成而地後定 然後 神聖生其中焉
故曰 開闢之初 洲壞浮漂 譬猶游魚之浮水上也

(カレ)、天まず成りて 地(ノチ)に定まる。然後、(シコウシテノチ)神聖(カミヒジリ)その中に()れます。
故日(カレイワ)く、開闢(アメツチノヒラクル)初め、洲壞(クニツチ)の浮かれ(タダヨ)えること、たとえばなお游魚(アソブウヲ)の水の上に浮けるがごとし。

 

(慶長4年刊版a-k04)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a04.jpg

──────────
國常立尊至尊曰尊自餘曰命並
訓美擧等也下皆效此
次國狹槌
尊次豐斟渟尊凡三神矣乾道獨化所以成
此純男
  一書曰天地初判一物在於虛中狀貌
  難言其中自有化生之神號國常立尊
  亦曰國底立尊次國狹槌尊亦曰國狹
  立尊次豐國主尊亦曰豐組野尊亦曰
  豐香節野尊亦曰浮經野豐買尊亦曰
-----
  豐國野尊亦曰豐囓野尊亦曰葉木國
  野尊亦曰見野尊
  一書曰古國稚地稚之時譬猶浮膏而
  漂蕩于時國中生物狀如葦牙之抽出
  也因此有化生之神號可美葦牙彦舅
  尊次國常立尊次國狹槌尊葉木國此
  云播舉矩爾可美此云于麻時
  一書曰天地混成之時始有神人焉號
──────────

于時天地之中生一物 状如葦牙 便化爲神 號國常立尊
至尊曰尊 自餘曰命 並訓美擧等也 下皆效此
次國狹槌尊 次豐斟渟尊 凡三神矣 乾道獨化 所以成此純男

時に、天地(アメツチ)の中に一物(ヒトツノモノ)()れり。(カタチ)葦牙(アシカビ)の如し。便(スナワ)ち神と化為()る。国常立尊(クニノトコタチノミコト)(モウ)す。

  • 「生」は何もないところから生じる、「化為」は既に在る物が形を変える。
  • 古事記で最初に現れるのは「天之御中主神」で、「国之常立神」は6番目。
  • この辺り日本書紀の読み下し文は、最初に挙げた「参考:國學院大學デジタルライブラリー(読み仮名付)」版を踏襲している。

至りて尊きをば尊という。自余(コレヨリアマリ)をば命という。並びに美挙等(ミコト)という。下皆此(シモミナコレ)(ナラ)

  • 岩波文庫も国史大系も「至尊曰尊」を「至貴曰尊」に変えている。
  • 「效」を、岩波文庫では「効」と変え、国史大系では「倣」に変えている。

次に国狭槌尊(クニノサツチノミコト)。次に豐斟渟尊(トヨクムヌノミコト)(スベ)(ミハシラ)の神ます。乾道(アメノミチ)獨化(ヒトリナ)す。所以(コノユエ)に此の純男(ヲトコノカギリ)を成せり。

  • 乾道・純男…乾は陽。(坤は陰)。乾道は陽気。陽気のみで生じた神である故に「純男」=男性神としている。
    • 以下にある一書のいずれにも、本文のような陰陽に関わる表現はない。この意味でかなり作為的に創作された一文と云える。
      この事は、本文が一書のいずれよりも新しく作られた事を意味している。
    • 古事記では最初の三神は、天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神であり、日本書紀本文より更に論理的である事から、この部分に関しては古事記の方が新しいと考えられる。

  一書曰 天地初判 一物在於虛中 狀貌難言
  其中自有化生之神 號國常立尊 亦曰國底立尊
  次國狹槌尊 亦曰國狹立尊
  次豐國主尊 亦曰豐組野尊 亦曰豐香節野尊 亦曰浮經野豐買尊
  亦曰豐國野尊 亦曰豐囓野尊 亦曰葉木國野尊 亦曰見野尊

  一書曰 古 國稚地稚之時 譬猶浮膏而漂蕩
  于時 國中生物 狀如葦牙之抽出也
  因此有化生之神 號可美葦牙彦舅尊
  次國常立尊 次國狹槌尊
  葉木國 此云播舉矩爾
  可美 此云于麻時

  一書曰 天地混成之時 始有神人焉 號可美葦牙彦舅尊
  次國底立尊
  彦舅 此云比古尼


(慶長4年刊版a-k05)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a05.jpg

──────────
  可美葦牙彦舅尊次國底立尊彦舅此
  云比古尼
  一書曰天地初判始有倶生之神號國
  常立尊次國狹槌尊又曰高天原所生
  神名曰天御中主尊次高皇産靈尊次
  神皇産靈尊皇産靈此云美武須毗
  一書曰天地未生之時譬猶海上浮雲
  無所根係其中生一物如葦牙之初生
-----
  埿中也便化爲人號國常立尊
  一書曰天地初判有物若葦牙生於空
  中因此化神號天常立尊次可美葦牙
  彥舅尊又有物若浮膏生於空中因此
  化神號國常立尊
次有神埿土煑尊埿土此云
于毗尼
沙土煑尊沙土
此云

須毗尼亦曰埿土
根尊沙土根尊
次有神大戸之道尊一云
大戸


大苫邊尊亦曰大戸摩彦尊大戸摩姫
尊亦曰大冨道尊大冨邊尊

──────────

  一書曰 天地初判 始有倶生之神 號國常立尊 次國狹槌尊
  又曰 高天原所生神名 曰天御中主尊 次高皇産靈尊 次神皇産靈尊
  皇産靈 此云美武須毗

  一書曰 天地未生之時 譬猶海上浮雲無所根係
  其中生一物 如葦牙之初生埿中也 便化爲人 號國常立尊

  一書曰 天地初判 有物 若葦牙 生於空中
  因此化神 號天常立尊 次可美葦牙彥舅尊
  又有物 若浮膏 生於空中
  因此化神 號國常立尊

次有神 埿土煑尊 埿土此云于毗尼 沙土煑尊沙土此云須毗尼 亦曰埿土根尊 沙土根尊
次有神 大戸之道尊 一云、大戸之邊
大苫邊尊亦曰大戸摩彦尊 大戸摩姫尊 亦曰 大冨道尊 大冨邊尊
次有神 面足尊 惶根尊 亦曰吾屋惶根尊 亦曰忌橿城尊 亦曰靑橿城根尊 亦曰吾屋橿城尊
次有神 伊弉諾尊 伊弉冊尊

  • 伊弉冊尊の「冊」は、冊の正字(横線二本)で書かれており、冊には人名に用いる特別な読みとして(なみ)がある。
    「冉」(ゼン・ネン。よわい)とは本来異なる。この意味で伊弉冉尊と記す場合の「冉」は誤字である。
    岩波文庫補注では、これを逆に古写本の冊が誤りで冉が正しいとしている。
    国史大系では正しく「冊」としているから、今に「冉」の誤用を広めたのは岩波系と思われる。
    ちなみに、参考として紹介しているデジタルアーカイブは全て「冊」の正字で記している。
    岩波文庫&岩波古典文学大系の、古写本が全て間違っているという根拠のない傲慢さには辟易する。
    この意味で、各地神社で「冉」の字を用いている場合は、比較的新しい記述であり注意を要する。
    いってしまえば、卜部兼方が誤記したものである。

(慶長4年刊版a-k06)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a06.jpg
──────────
有神面足尊惶根尊亦曰吾屋惶根尊亦曰
忌橿城尊亦曰靑橿城

根尊亦曰吾
屋橿城尊
次有神伊弉諾尊伊弉冊尊
  一書曰此二神靑橿城根尊之子也
  一書曰國常立尊生天鏡尊天鏡尊生
  天萬尊天萬尊生沫蕩尊沫蕩尊生伊
  弉諾尊沫蕩此云阿和那伎
凡八神矣乾坤之道相參而化所以成此男
女自國常立尊迄伊弉諾尊伊弉冊尊是謂
-----
神丗七代者矣
  一書曰男女耦生之神先有埿土煑尊
  沙土煑尊次有角樴尊活樴尊次有面
  足尊惶根尊次有伊弉諾尊伊弉冊尊
  樴橛也
伊弉諾尊伊弉冊尊立於天浮橋之上共計
曰底下豈無國歟迺以天之瓊瓊玉也
此云努
矛指
下而探之是獲滄溟其矛鋒滴瀝之潮凝成
──────────


(慶長4年刊版a-k07)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a07.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k08)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a08.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k09)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a09.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k10)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a10.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k11)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a11.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k12)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a12.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k13)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a13.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k14)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a14.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k15)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a15.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k16)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a16.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k17)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a17.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k18)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a18.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k19)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a19.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k20)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a20.jpg
──────────

-----

──────────



(慶長4年刊版a-k21)
http://fuushi.k-pj.info/jpgb/nihonk/nihonki-a21.jpg
──────────

-----

──────────



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-06-17 (金) 02:03:52 (14d)