文献

『島根県口碑伝説集』

・国立国会図書館デジタルコレクション/『島根県口碑伝説集』

k104


御客社の傳説
簸川郡出西村大字求院、八幡宮屋己の方約一丁の處に、小さな社がある。
今は村社内に社神を移して、跡荒神として祭られてある。
古は客の森、又はお客神社と稱し、伊弉冊命を祭神とし、社域も廣く、樹木生茂り、鳥獣多く住んで居た。 垂仁天皇の御代、勅諚にて此處で鵠を捕つた。
之に依って鵠村と云ひ、境内西を流れる川を鳥越川と云つた。
鵠が此の川を越ゆるに依つて、名づけたものと察せられる。
今も此川名を存して居る。
昔は此邊は入江であって、垂仁天皇の皇子誉津別皇子、曙立皇子 兎上皇子と共に大社御参拝の御歸途、此處で出雲国造の遠祖伎備佐都美高彦根は黒木の橋を作り、
假宮を建て、皇子等へ様々の饗應があった。
誉津別皇子は是迄御言葉を發し給はなかつたが、此時始めて御言葉を發し給ふことを得るやうになったと云ふ。
其當時銚子、膳夫に仕へ奉つたものは長子、飯塚の姓を賜り、今も此地方で姓を名乗るものが數多ある。
鵠村は求院村に變り、今は出西村大字求院と稱せられるに至つたのである。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-27 (水) 22:59:31 (115d)