神名解題a

「鵜草葺不合命」

  • 古事記
    真福寺本では「天津日高日子波限建鵜草葺不合命」(あまつひだかひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)
    父は火遠理命(山幸彦)、母は豊玉毘売命。育ての親は玉依毘売命。
    後に玉依毘売命を妻として、五瀬命、稲氷命、御毛沼命、若御毛沼命を生む。
    • 岩波文庫では、「天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命」と記し(あまつひこひこなぎさたけうかやふきあえずのみこと)と読んでいる。
  • 日本書紀本文
    「彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊」(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)
    • 鶿は[茲鳥]
  • 甫与志岳(ほよしだけ)
    • 標高967m
      鹿児島県肝属郡肝付町
      地理院地図
      google map
      甫与志岳は、元「母養子岳」といい、この山中で玉依姫が「鵜草葺不合命」を育てたという。
      山頂下の岩屋に祠があり、彦火火出見命を祀っている。
  • 吾平山上陵(あいらのやまのうえのみささぎ)
    • 鹿児島県鹿屋市吾平町
      google map
      宮内庁が明治7年に比定。
      疑問あり。この岩屋の上流に神野という地区があり、稲作丘陵地が広がっている。
      比定地はその一段下の滝脇にあたり、陵にふさわしい場所とは考えられない。
      (度々土石流発生・山上ではない)
      又、神野上流地に大川内神社(村社)があり、神倭伊波礼琵古命(神武)の妃吾平津姫を祀っているが、陵墓参考地との関連は後付けのように思われる。
      尚、現「吾平町」という町名は陵墓指定後陵墓名からの援用。
      元洞窟内は120坪ほどの広さがあり、そこに鵜戸神社があったそうだが、明治4年(1871年)の災害で大破、現鹿屋市役所吾平総合支所脇に移築された。
      • 何もないただの岩屋を100年も禁足地として管理整備すればそれなりの雰囲気は出てくる。
  • 日南市・鵜戸神宮速日峯山上
    明治29年参考地として比定
    疑問あり。そもそも、生誕地と称する鵜戸神宮自体が疑問。
    南方の油津が元吾平津であると推測されたらしいが、元は油之津であったことはあっても吾平津であったという根拠はない。
  • 錦江町田代麓5176 近津神社・鵜戸神社
    鵜戸という名から候補地に上げられた。
    鵜戸というのは、この地方では洞窟のことを指すらしく、鵜戸神社は洞窟内にあり、その前方に近津神社がある。
  • 明治の宮内庁は鵜戸という名称に拘って山陵の比定地を探していたようだが、生まれた所が鵜戸であっても、亡くなったところが鵜戸ではない。こじつけの上にこじつけを重ね、訳の解らぬ事態に陥った観がある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-16 (木) 02:42:06 (1613d)