神名解題a

「天常立尊」
(アメノトコタチノミコト)

(書紀)では記載のない神である。
古事記では5番目に現れる神であり、「天常立神」と記してあるが、私は「尊」を用いる。

「天」の表記は、国生み神話の部分で示すが、海洋系の神である。
漂泊の民であった海洋民が、特定の入り江に定住をする際、土地神として祀った神がこの「天常立尊」であると考えている。
いわば海の民達の最初の御祖神である。
個人的に、色々神社巡りをしているが、この神を主祭神に祀る神社には出会えないでいる。
別記するが、国常立尊を祀る神社は相当数ある。
この事から、私は海の民が最初に土地神としてささやかに祀った神が「天常立尊」であり、ある程度の勢力を得た際には
「国常立尊」に転化させて行ったのであろうと考えているのである。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-14 (火) 23:06:15 (1606d)