神社a

「阿利神社」

島根県出雲市塩冶町1686 地理院地図

主祭神:阿遲須枳高日子根命

「出雲国風土記」神門郡 高岸郷に縁起のある神社。

鎌倉期、源頼朝により、出雲に八幡宮が勧請され、阿利神社はその氏子を全て奪われ荒廃したという。

元社地は出雲市市民館向いの有原中央公園にあったが、明治期に現在地に移転された。


(阿利神社)
http://fuushi.k-pj.info/jpgj/simane/izumo/enya-t/ari/ari-1.jpg

(阿利神社 案内板)
http://fuushi.k-pj.info/jpgj/simane/izumo/enya-t/ari/ari-2.jpg

(阿利神社 元社地)有原中央公園
http://fuushi.k-pj.info/jpgj/simane/izumo/enya-t/ari/ari-a.jpg
公園内北西端に石碑がある。交差点外灯の向こう。

(阿利神社 元社地石碑)
http://fuushi.k-pj.info/jpgj/simane/izumo/enya-t/ari/ari-b.jpg

延喜式内社 阿利神社跡

(阿利神社 元社地石碑碑文)
http://fuushi.k-pj.info/jpgj/simane/izumo/enya-t/ari/ari-c.jpg

  • 誰の筆か不明だが原文のまま

    祭神阿遲須枳高日子根命
    天下造りたまいし大神(大国主大神)の御子
    出雲風土記には阿利社と記されてある
    明治十五年塩治町高西に社殿が移される


  • 主祭神名に「根」をつけているのは古事記の影響であろう。
    出雲国風土記では「根」は付いておらず、「阿遲須枳高日子命」である。
    合殿に祭られる「加利比賣命」は、妻神としているが誤り。『出雲国風土記』楯縫郡に「阿遲須枳高日子命后天御梶日女命」とある。
    「阿利神社」は江戸期迄「姫宮大明神」と呼ばれていることからすると、本来女神を祭った神社であり、高屋で「阿遲須枳高日子命」の世話をしていたのが「加利比賣命」だったのではないかと思われる。
    ところで「加利比賣」というのは神名由来の掴めぬ名称であり、思うに元の名は「阿加利比賣命」で「阿」を失って「加利比賣命」と呼ばれ、「加」を失って「阿利神社」と呼ばれるようになってきたのではないかと推察する。
    「阿加利比賣」であれば、「阿遲須枳高日子」の妹神とされる「下照比売」に通ずるものがある。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-12-08 (木) 00:55:41 (53d)