Top

○「大斎原(オオユノハラ)
和歌山県田辺市本宮町本宮1 地理院地図

祭神:
石祠左
・中四社(忍穂耳命・瓊々杵命・彦穂々出命・鸕鶿草葺不合命)
・下四社(軻遇突智命・埴山姫命・弥都波能売命・稚産霊命)
石祠右
・境内摂末社(八咫烏神社・音無天神社・高倉下神社・海神社・滝姫社・地主神社・御戸開神社)

熊野本宮大社の旧社地。元の地名は「大湯原」。

  • [斎]に(ユ)の読みはなく、なぜ「大斎原」と変え、尚(オオユノハラ)と読んでいるのかは不明。
    元は湯が涌いていたのかと思われる。

明治22年(1889)、熊野川洪水により社殿流出。上述各社を石祠にて造営。

平成12年(2000)大鳥居建立

社地は熊野川と音無川に挟まれた場所で、かつては5棟12社の社殿と境内摂末社があったという。
上四社は、北方の熊野本宮大社に移されている。
・上四社(夫須美大神・速玉大神・家津美御子大神・天照大神)
又、元社地にあった「八百万神社」は「満山社」という熊野本宮大社の境内社となっているようである。


  • 現在熊野本宮大社では、家津御子大神(素盞嗚尊)・速玉大神(伊邪那岐大神)・夫須美大神(伊邪那美大神)としているが、奇怪である。
    ・「夫須美大神」と云うのは、古事記に記された「熊野久須毘命」で[久]を[夫]に誤写したものであろう。
    ・「速玉大神」というのは日本書紀に記された「速玉男命」であろう。
    ・「家津御子大神」と云うのは先代旧事本紀に記された「天御食持命(アマノミケモチノミコト)」であろう。神皇産霊尊(カムミムスビノミコト)の子で紀伊直(キヒノアタヒ)等の祖とされる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-05 (月) 11:24:50 (79d)