▲「比婆山」

広島県庄原市 地理院地図

広島県と島根県の県境にある「烏帽子山」1225mの南方にあり、広島県西条町の「立烏帽子山」1299mの間にある標高1264mの山を「比婆山」と呼んでいる。
南方山中に「比婆山御陵」と呼ぶ大岩がある。
周辺は近年広島県の県民の森となっており、整備されている。

藝藩通史には「烏帽子山」は記載されているが「比婆山」は記載されていない。

「比婆山」と呼び始めたのは明治以降であり、かつては「峯山」と呼ばれていた。
地区名「比和」が「比婆」に通じるという事で名付けられたものである。


(比婆山御陵)地理院地図
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-a1.jpg
・以前は縦長の円墳であるという案内板があり、ベンチなどもあったが今では共に朽ち果てている。
無論円墳であるという根拠になる調査は行われていない。

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-a2.jpg
・御陵とされる岩

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-a3.jpg
・御陵とされる岩2

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-b1.jpg
・御陵とされる岩の後方にある岩

(比婆山御陵 案内板)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-c1.jpg
・近年の解釈であろう。熊野神社(比婆山熊野神社)を本宮・遙拝所と記し、その奥宮と記している。
かつては比婆山神社が遙拝所であり、その奥宮が下記の「命神社」とされていた。
比婆山神社から比婆山は遥拝できるが、比婆山熊野神社から比婆山は遥拝できない。
比婆山熊野神社が遙拝所であろうはずがない。
この地は備後国であり、古事記には出雲国と伯耆国の境に比婆山はあると記されており、明治政府はそれ故ここを神陵と称することを禁じた。

(比婆山御陵 命神社)地理院地図
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-d1.jpg
・「(ミコト)神社」は上記御陵岩の北西やや下ったところにある。再建したという比婆山古道の途上に当たる。

(比婆山御陵 烏帽子岩)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-d2.jpg
・命神社の後方にある。陽石であろう。太鼓岩とも呼ばれている。

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-d3.jpg
産子(ウブコ)の岩戸と呼ばれる陰石。烏帽子岩の北方にある。

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-d4.jpg
・護符の水を引いていたらしい命神社の手水。護符の水は後方にあったが枯れている。

(比婆山御陵 飛越岩)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-e1.jpg
・伊邪那岐命がこの岩を飛び越え吾妻山にいったという飛越岩(トビコイワ)

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-e2.jpg
・山中の巨岩

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-f1.jpg

(比婆山御陵)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-f2.jpg


(立烏帽子山駐車場案内板)地理院地図
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-g1.jpg
・環境省が設置した案内板。比婆山神社も比婆山古道も記されていない。


(池の段 標石)地理院地図
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i1.jpg
・池の段というのは、この標石のある場所から西方にある、石仏の置かれた場所を云う。
・この周辺は樹木がなく見晴らしが良い。
明治に入り、牛肉食がひろまり、庄原でも肉牛飼育が盛んになり、放牧地として樹木伐採が行われたためである。
近年は過疎化が進み牛の姿を見ることはなくなった。

(池の段 猿政山方向)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i2.jpg

(池の段 吾妻山方向)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i3.jpg

(池の段 比婆山方向)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i4.jpg
・烏帽子山は見えない

(池の段 毛無山と伊良谷山方向)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i5.jpg
・桔梗ヶ丘が毛無山の向こうに見える。

(池の段 立烏帽子山方向)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i6.jpg

(池の段 竜王山方面)
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-i7.jpg


(立烏帽子山山頂)1299m 地理院地図
https://fuushi.k-pj.info/jpgm/hirosima/syoubara-c/hibaM/hibaM-t1.jpg


トップ   編集 凍結解除 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-16 (木) 06:17:48