文献

『出雲国風土記』

  • 和銅6年(713)元明天皇により編纂が命じられ、天平6年(733)に完成し聖武天皇に奏上されたと云われる。
    出雲臣広島 監修・神宅臣金太理(ミヤケノオミカナタリ) 編纂。
  • 出雲国風土記は写本によって散逸異同が多い事が知られている。
    公開されている書影の内、白井文庫のものを底本に用いる事にする。
    (岸崎氏の方が古いが、注釈が多い為参照に留める)
  • 底本:国立国会図書館蔵本デジタル化資料(白井文庫/享保13年-1728年写/通称「国会図書館本」)
    文中に「甫曰」とある「甫」は地誌学者 関祖衡(本齋 関老甫)の事。
  • 参考:島根大学図書館Digital Archive(「出雲風土記抄-4分冊-」岸崎時照著/松江桑原家旧蔵本/天和3年-1683年/出雲国風土記の注釈書)
  • 参考:国立国会図書館デジタルコレクション(「出雲風土記-4巻-」藤浪氏蔵本)書誌では「出雲国風土記4巻」。題箋には「出雲風土記」とあるが、岸崎時照の出雲風土記抄である。
  • 参考:島根大学図書館Digital Archive(「出雲風土記鈔-2分冊-」 望月重熈書写。「望月本」と呼ばれる。意宇郡・嶋根郡・秋鹿郡が欠落消失している)
  • 参考:國學院大學図書館デジタルライブラリー:「出雲国風土記 附豊後国山城国残編」(鶏頭院天忠校正本/享保10年-1725)鶏頭院は比叡山延暦寺の僧坊。天忠はその住持であろう。荷田春満と交流があったらしい。
  • 参考:「出雲国風土記考」(荷田春満(カダノアズママロ)/江守善六氏寄贈/慶應義塾図書館蔵)Google booksに掲載されている。…和装本で、題字は「出雲国風土記」。冒頭に荷田春満考と記されており、「出雲国風土記考」は通称である。
    寛保二年(1742)十月「荷田在満(カダノアリマロ)」の奥書があり、「養父春満校正手録云々」と記している。行書手書き故読みにくい。
    (「新編荷田春満全集-3-日本書紀・風土記」國學院大學/2005年/おうふう刊 書誌に、自筆本と在満本(植垣節也氏蔵本)を収録している)
  • 参考:東京国立博物館デジタルライブラリー「出雲風土記解」(内山眞龍撰/天明7年(1787)写/上中下3帖)
    • 中巻記入の頁番号は10頁以降ずれているので要注意。
  • 参考:島根大学図書館Digital Archive(「訂正出雲風土記」/梅之舎大人(千家俊信)/文化3年-1806年)梅之舎は千家俊信の私塾名。書名の通り内山眞龍の説を取り入れ独自解釈による訂正が多い。後の刊本はこれに従っている場合が多い。
    • 下巻に複写欠落があり下記を参考する。
  • 参考:国立国会図書館デジタルコレクション「訂正出雲国風土記-下-」(河内屋喜兵衛版/文化3年-1806年刊)
  • 参考:東京国立博物館デジタルライブラリー(「出雲風土記全」越智直澄写/文政12年-1829)
    元本は賀茂神社伝の万葉緯本で、谷川士清が寛保癸亥3年(1743)に書写した蔵本を更に書写したもの。千家俊信の自説に基く校合が赤字で入っている。水戸徳川家徳川宗敬からの寄贈本。
  • 参考:「出雲国風土記諸本集/秋本吉徳 編/勉誠社/」(細川家本・倉野本・日御碕本・萬葉緯本の各書影を収録している)
    ・細川家本:細川護貞氏所蔵本(慶長2年-1597年)は現在熊本大学附属図書館細川家北岡文庫(永青文庫)として保存されている。
    徳川家康が所持していた出雲国風土記を細川幽斎が1597年に書写したと云われるが、島根郡などに欠落がある。
    ・倉野本:倉野憲司所蔵本(倉野氏甲本とも云う)最後の一葉を欠くため書写年不明。(細川家本より古いとも考えられている)
    ・日御碕本:日御碕神社所蔵本。尾張藩主徳川義直の寄進によるもので、尾張徳川家本(名古屋蓬文庫所蔵)を転写したものとされる。
    ・萬葉緯本:賀茂別雷神社 三手文庫所蔵本。今井似閑編の「万葉緯」20巻中の巻15に収録。

書誌検索「出雲国風土記」

  • 参考:「出雲風土記」(野津左馬之助/島根県皇典講究分所編 1911年 松陽新報社)Google booksに無料掲載されている。
    (引用の際は「野津風土記」と略す)
  • 参考:「校注出雲国風土記」加藤義成著/千鳥書房刊s49.4.1 修正3版
  • 参考:「修訂出雲国風土記参究」(加藤義成/松江今井書店/昭和56年-1981年5月1日刊 改訂3版)
  • 参考:「出雲国風土記」(荻原千鶴/講談社/学術文庫-1382/1999年)

以下は、直接参照できていないが、他書に引用されていることがあるので挙げておく。

  • 他:「出雲風土記考」横山永福(弘化3年1846年)/島根県立図書館所蔵の「出雲叢書」に収録されているらしいが未見

  • 活字化されたものは活字化の段階で既に取捨斟酌されているので注意が必要。既に失われた原本を1次資料とすれば、4次資料相当。
  • 「出雲国風土記」と記したものと「出雲風土記」と記したものがある。
    岸崎本で題字は「出雲風土記抄」であるが本文中では「出雲国風土記」と国をつけている。
    内山眞龍は題字本文共「出雲風土記解」としているから、国を外すのは眞龍以降と云えるのであろう。
    諸風土記は「~国風土記」であるから国を外す理由はない。

『出雲国風土記』総記
『出雲国風土記』意宇郡
『出雲国風土記』意宇郡2
『出雲国風土記』嶋根郡
『出雲国風土記』秋鹿郡
『出雲国風土記』楯縫郡
『出雲国風土記』出雲郡
『出雲国風土記』神門郡
『出雲国風土記』飯石郡
『出雲国風土記』仁多郡
『出雲国風土記』大原郡
『出雲国風土記』後記

書影文字起こし
『出雲国風土記』細川家本
『出雲国風土記』日御﨑本
『出雲国風土記』倉野本
『出雲国風土記』萬葉緯本

『出雲風土記抄』桑原本
『出雲国風土記』荷田春満考


「出雲国風土記」記載の距離尺度は天平尺とされる。
尺=0.297(m) /丈(10尺)=2.97(m)
歩=1.782(m) /里(300歩)=534.6(m)

  • 天平尺…正倉院御物にある「紅牙撥鏤尺(コウゲバチルノシャク)」を度量衡基準とした長さ。

校注出雲国風土記収録「出雲国風土記要図」
http://fuushi.k-pj.info/jpg/map/izumofudokiyouzu750.jpg


島根の国絵図」島根大学附属図書館デジタルアーカイブ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-09-24 (日) 10:50:22 (60d)