医食同源

柏餅

「拍手餅」(カシワデモチ)

サルトリイバラの葉2枚で拍手(カシワデ)を打つように両方から挟んだ餅。

江戸ではサルトリイバラの葉が手に入れ難かったため、柏の葉を用いるようになった。(1800年代)
近年では、こちらの方が当然のように思われている。

尚、サルトリイバラの葉は食べても問題ない。

  • 個人的には、張りのある食感と香りがよいので、葉ごと食べることが多い。
    柏の葉だと食べない。

サルトリイバラは蒸すと茶褐色になりこれを用いる。
この茶褐色が地鶏の羽根色に似ていることから、鶏を拍(カシワ・後に柏)と呼ぶようになった。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-20 (金) 06:54:52 (182d)